親子の時間研究所

【自然と触れあう】都立水元公園に行こう!

この記事は約1分で読めます。

こんにちは。rinakoです。
やっと冬らしくなってきた今日この頃。虫大好き、動物大好き、生き物大好き!!な子どもたちと葛飾区にある水元公園に遊びに行ってきました。

都内最大の水郷公園

都内最大の水郷公園というだけあって、園内には様々な植物が育っています。そしてその大自然には多くの鳥類や水生生物を見ることできます。

葛飾区にある水元公園。最寄りのJR金町駅からは距離があるので車での来園がおすすめです。

金町駅からバスでお越しの場合はこちらです。↓
JR常磐線(東京メトロ千代田線直通)または京成線「金町」駅下車
南口バスターミナルから京成バス(戸ヶ崎操車場行き「水元公園」)
下車徒歩7分

今回の最大の目的は湖沼でのガサガサ!

ガサガサとは...水辺の生物をタモ網で捕まえること!
うちの子どもたちはこれが大好きで、ガサガサと網ですくい上げて中を確認するときのワクワク感がたまりません。

さっそく網を草の間やどろんこのあたりにガサガサ...

何が捕れたかな~??

ザリガニの子どもです!
ザリガニキッズ、めちゃくちゃいました。すくうたびに3,4匹は捕れました。

そしてヌマエビ。
ペットショップなどでもよく見かけますね。
透明できれいでです。


スポンサーリンク

そしてついに大物が!

ぎょえーーー!!!子どもたちと大騒ぎ!
おわかりいただけますでしょうか。
特大おたまじゃくしです。

7歳の娘の手に乗せてこのサイズ。
こんな大きなおたまじゃくしは初めて見たので感動でした。

今回の収穫はこんな感じです

ザリガニ、ヌマエビ、メダカ、おたまじゃくし、タニシの5種でした!

特におたまちゃんはその大きさにも感動しましたが、手に乗せると大人しくかわいい顔をよく見せてくれて何とも離れがたい愛着が沸いてきました。
しかし、こんな大きなおたまじゃくしを育てられる自信がない~!ということで今回は帰るときに「またね」をして元の場所に放してきました。

とにかく水辺ならではの生き物たちに癒された一日でした

ガサガサの後はかわいい鴨を眺めたり、てんとう虫などの昆虫を探したり自然との触れあいを満喫しました。
(幸せの黄色いテントウを発見♪)

遊具はほとんど見当たらないほどですが、広大な敷地は一日お散歩してもまわりきれないくらいで子どもたちは飽きることはありませんでした。
赤ちゃんから小学生のお子さんまで充分楽しめる公園だと思います。

季節によりたくさんの見どころにあふれていますので、機会がありましたら皆さんも是非足を運んでみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク