親子の時間研究所

簡単楽しい!オヤツにゼリーを作ろう。

この記事は約2分で読めます。

ゼリエース(いちご)で簡単デザート作り

 

 

箱

 

子どもたちに手作りオヤツを作ってあげたい、でも時間がない!

そんなときにおススメなデザートの1つが「ゼリエース」です。

ハウス食品はフルーチェやプリンミクスなど、誰でも美味しく簡単に作ることができるデザート商品をいくつか販売しています。

今日はその中の1つ「ゼリエース(いちご)」で簡単デザート作りに挑戦してみたいと思います。

ゼリエースはいちご味のほかに、メロン味も販売されています。

過去はブルーベリー味、グレープフルーツ味も販売されていた時期があったようです。

またゼリエースと同じポットのお湯で作れるシリーズとして、コーヒーゼリーが販売されています。

希望小売価格は150円(税別)で、スーパーや100円ショップなどで購入することができます。

 

さっそく作ってみよう!

 

ゼリエース1箱で、容量100mlのカップ4個分のゼリーができます。

5歳の息子と一緒に作ってみました。

 

中身

 

箱の中にはゼリーの元になる粉(内容量95グラム)が入っています。

粉がこぼれないように、開封して

ボールに入れます。

 

ボールと粉

 

ボールにゼリエース(粉)を入れ、

そこに70度以上のお湯を1カップ(200ml)加えて、粉をよく溶かします。

お湯は熱いのでヤケドしないように気をつけましょう。

箱には「ポットのお湯で」と書いてありますが、うちにはポットがないのでヤカンでお湯を沸かします。

 

お湯

 

 

お湯がこぼれないように、ヤケドしないように気をつけながらボールにお湯を注ぎましょう。

 

 

まぜる

 


スポンサーリンク

粉をしっかり溶かしましょう

 

粉がしっかりとけたら、さらに水を1カップ(200ml)を加えてよく混ぜ合わせます。

 

ゼリー冷蔵庫

 

冷蔵庫で2時間冷やす。

 

ゼリー型やカップ、グラスなどに流し入れます。

ゼリーの中に果物などを入れる場合は、この時に入れます。

パイナップル、キウイフルーツ、メロンなど、たんぱく質分解酵素を含む果物を加える場合は、生のままだとゼリー液が固まらない場合があるのでご注意ください。

上記の果物も、缶詰のものや、一度過熱してあるものであれば大丈夫のようです。

 

流し入れた後は、冷蔵庫で2時間以上冷やして固めます。

 

完成

 

あっという間に、イチゴゼリーの完成です。

 

お湯と水を入れて混ぜるだけ。

特別な材料など揃える必要がなく

ゼリエース1箱あれば作れるというのも楽チン。

ゼリエースの魅力の1つだと感じています。

 

今回はシンプルなイチゴゼリーを作りましたが、

プレーンヨーグルトや生クリームなどを加えて、

ひと手間かけて自分でアレンジしてみると、より一層豪華で贅沢なデザートが完成すると思います。

お子さんと一緒に楽しみながらぜひ挑戦してみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク