親子の時間研究所

子どものマスク、どうしてる? 〜 上野里江の『こころのママ』(その1)

この記事は約1分で読めます。

こんにちは。保育・子育てアドバイザー 上野里江です。

新型コロナウイルスの影響で、外出する時はマスクが必需品になっている今。

 

そうは言っても、小さな子どもにマスクをさせるのは意外と大変ですよね…。

皆さん、どうしていますか~?

先日、街で見かけた2歳ぐらいの男の子。マスクをつけたママと手をつないで可愛い柄のガーゼマスクをあごにつけていました!思わず可愛くて笑っちゃった私。

 

そういえば、保育士時代を思い出すと、風邪で鼻水や咳が出ていても、マスクをして過ごしている子はほとんどいなかったなぁ…。

 

子どもにとって、マスクは珍しくて大人のまねをしたい!と思う反面、つけてみると息苦しいし、わずらわしくて取りたくなっちゃう…そういうものなのかもしれませんね。

 

 

では、小さい子どもにマスク…どうしたらいいの?

ウイルスの感染予防は、どうしたらいいのかしら?

 

実は、感染予防のために出来ることは、マスク以外にもあるのです!

 

一番大事なことは、マスクをさせることではなく、ウイルスに感染しないこと。

マスクをつけている風で、予防にならなかったら意味ないですものね!

 

 

そこで、小さい子どもに身につけて欲しいのが『正しい咳エチケット』

 

咳やくしゃみをする時って、とっさに手で口を押えてしまいがちですが、腕(上着のそで)で口を覆うのが正しいエチケットなのです。

 

特に子どもは手で顔を触ることが多いので、手のひらに菌をつけないことが大事!

 

腕(上着のそで)で口を覆うのは手のひらに菌をつけないため、という意味を伝えながら小さいころからの習慣にしたいものです。

 

そして、何よりも大切なのは手洗いですよね。

ママと一緒に楽しみながらきちんと手洗いをすれば怖いものはない!と思いますよ。

いつまでこの生活が続くのか?先が見えない不安はあるけれど…。

今出来ることで最善を尽くしましょう!

 

子どもの感染予防には、抵抗力をつけることも大事。食べて寝て遊んで…ママと笑い合う時間も忘れずに!

 

 

上野里江の『こころのママ』
(その1)子どものマスク、どうしてる?
(その2)桜はまた咲く~今を大切に味合いつくそう!
(その3)子どもの育ちにつながる!おうち時間の過ごし方のヒント
(その4)毎日の献立メニュー、どうしてる?
(その5)子どもに『ごめんなさい』を言わせるより大切なこと
(その6)ママのいい気分♪深呼吸を取り入れてみよう~
(その7)「子どもと一緒に」は期間限定!たくさん手をつなごう
(その8)子どもに「新しい生活様式」を身につけるために大切なこと
(その9)「うちの子は、言わないとやらないのよ!」と心配しているママへ
(その10)子どもの心は「笑い」でコロッと変わるんです!
(その11)子どもには、ママに言われて「うれしいことば」があるんです!
(その12)ママの愛情が伝わる!毎日できる簡単なこと
(その13)ママの「疲れた~」は、がんばった証拠です!
(その14)あなたはどんなことばをかけますか?
(その15)親子が似るのは、顔や体形だけじゃないんです!
(その16)「自分でやりなさい!」は、自立を促しているようで、実は…
(その17)ママは女優になろう!~子どもはママの表情を読み取っていますよ~
(その18)食欲の秋!お腹を満たすと心も満たされる 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク