親子の時間研究所

離島へ行こう~日間賀島(ひまかじま)編

この記事は約2分で読めます。

◆名古屋から日帰りで楽しめる離島

名古屋から車で2時間くらいで行ける離島、日間賀島。

港の駐車場に車を停めて、そこからは船で島へ渡ります。

周囲5.5㎞。徒歩なら約1時間程度、自転車なら約20分程度で一周できる島です。

船で島に渡ると旅行気分満載。

海が見たくて船の外に出ていましたが、

風が強くて船は揺れるし、優雅な船旅とはいきませんでしたが

それでも子どもたちは楽しんでいました。

◆日間賀島の名物、タコ。

日間賀島は、タコが名物で大きなタコのモニュメントもあります。

このタコのモニュメントは西港と東港に設置されていて

西港は「にっしー」。東港は「がっしー」。という名前だそうです。


スポンサーリンク

◆海の生き物、探してみよう!

天気がよく暖かい日だったので子どもたちは海に入っていましたが、

水に入らなくても、海水浴シーズンでなくても、

海で楽しむ方法はいくつもあります。

今回は小さいバケツを持っていき、海の生き物を探してみました。

砂浜や浅瀬ではいろいろな海の生き物を見ることができます。

(観察したあとは、ちゃんと海へ戻してあげましょう。)

写真に撮っておいて、帰宅後に子どもたちと一緒に図鑑など広げて

どんな生物だったのか調べてみるのも楽しいですし、学習にもなります。

海水浴場の奥のほうは岩場があり、磯遊びができました。

かわいいカニもたくさんいました。

砂浜もとてもキレイです。幼児も安心して遊べます。

港周辺にはお店屋さん、食べ物やさんもたくさんあるので遊び疲れたら休憩。

少し行ったところに、地元の方も利用されてる感じの小さな商店もありました。

 

◆島をゆっくり歩いて楽しむ

西港から東港まで歩いてみようと出発しました。

港周辺は観光地で人通りも多いエリアですが、少し道を入ると島の人たちの生活圏内。

細い路地を行くと島の子どもたちが遊んでいたり、猫がゆっくり歩いていたり。

海の風、島の香りを肌で感じながら、歩くのも楽しみ方の1つです。

途中、急な上り坂があり・・・坂の頂上付近には有名なたこ焼き屋さんがあったのですが

残念ながらその日は営業していませんでした。あとできいたのですが、めったに営業していないたこ焼き屋さんだそうです。

息子をベビーカーに乗せ歩いたのですが、想像以上に大変で帰りのことも考えて、

ここで引き返すことにしました。残念でしたが今度来るときはぜひ東港に行ってみたいと思います。

 

 

今回は日帰りでしたが、宿泊施設も何か所もあり、

泊まりで来ても楽しめる島です。

時間を気にせず、のんびり過ごしに、ぜひ泊まりでも来てみたいです。

日間賀島観光協会のサイトには

島のみどころ、イベント情報、お食事処の案内など詳細に紹介されています。

そちらもチェックして、ぜひ日間賀島に遊びに行ってみてください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク