親子の時間研究所

ピュアな親子のやりとりに感動~うまれてくれてありがとう~

この記事は約1分で読めます。

 

【うまれてくれてありがとう】
文/マーク・スペリング
絵/ブラウン・アリスン
訳/俵万智
WAVE出版

まるで子どもへの愛でいっぱいの心を文字にしてくれた絵本

我が家の子ども達は2歳差の兄妹です。
下の娘が生まれるまで、お兄ちゃんとは2人きりの時間がたっぷりありました。
愛情を私のできる限り、精いっぱい注いできたつもりです。

娘への気持ちも同じ。
それでもなかなかお兄ちゃんの時とは同じようにしてあげられないことも多くあります。

おもちゃはすべてあるもので。抱っこを独り占めしたいときもお兄ちゃんと半分こです。

でもいつか、私の一番近い存在になってくれるのかなぁと将来の女子会を今から楽しみにしています。笑

今日は私が、実際に本屋さんで手に取り、娘に贈りたい!と心から感動した本をご紹介します!
もちろん、息子にも同じ気持ちですが、
何というか、その可愛い世界観に、
いつか娘がお母さんになったとき、もう一度見返してもらえたらな~という思いになったのです!

もちろん、すべての親子にお勧めしたい絵本でもあります。
「うまれてくれてありがとう」をご紹介します!

「うまれてくれてありがとう」

マーク・スペリングさん作「うまれてくれてありがとう」は、幅広く活躍されている歌人の俵万智さんが翻訳されています。
本の中の、アリスン・ブラウンさんの絵はとてもやさしく、幻想的で、穏やかです。
知らない世界だけれど、私はこの絵をみながらお腹の中の世界を想像してしまいました。

ねずみの親子が会話している様子が描かれているのですが、
そのやりとりは、お話し始めた頃の我が子との会話を思い出させてくれます。
小さなお子様にもわかりやすい表現になっています。


スポンサーリンク

言葉では表せない子への愛がいっぱい

うまれてくれてありがとう

お子様に対して、誰もが抱く感情です。
でも忙しい毎日の中で、常にそれをお子様に伝えられるか、というとそうでもないですよね。

言葉でなかなか表現できない、うまれてきてくれてありがとうという愛情が、
この絵本にはわかりやすく描かれています。

いつか自分の元を旅立つ我が子に、
ずっといっしょじゃなくても、離れていても、気持ちは変わらないと伝えてくれる絵本です。

小さなお子様にはもちろんですが、
これから親元を巣立つお子様にもいっぱいの愛を伝えられる本ではないでしょうか。

「うまれてくれてありがとう」は、
ついつい忘れてしまう、子どもという大きな存在へのピュアな感情を思い出させてくれま

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク