親子の時間研究所

食育にもつながるしかけ絵本~tupera tupera くだものさん~

この記事は約1分で読めます。

【くだものさん】
tupera tupera/作
学研/出版

tupera tupera くだものさん

tupera tupera やさいさんに引き続き、
同じシリーズの「くだものさん」のご紹介です。

これもやさいさんと同じくめくって楽しめるしかけ絵本になっています。

やさいさんは下から上へめくって野菜の顔を除くようになっていますが、
くだものさんは上から下へおろして見る仕組みになっているので、
より小さなお子様にもおすすめです!

くだものさんも、やさいさんと同じく合言葉は

だぁれ~?

です!!!

くだものさんで季節を感じて

子どもたちは果物が大好きですね!
バナナから始まり、リンゴ、みかん、ぶどう。
我が家ではイチゴが大人気!イチゴの季節がやってきて食べごろは今か今かと、もう大興奮です(笑)

くだものさんの本の中にも、
みんなが知っていて、オールシーズン目にするリンゴから、
ももやぶどう、柿や栗などの季節限定の果物なども出てきます。

柿大好き長男は、お話するようになったころから春なのに
柿が食べたい!とせがむようになり、今はシーズンではないと説得するのに苦労しました(笑)

でもそれがまた食育につながったのではないかと思います。

この季節にはこの果物と、くだものさんを読みながら伝えることができましたし、
その季節季節においしい果物を一緒に楽しむことができるようになったと思います。


スポンサーリンク

親子で一緒に楽しみながら読んでみて

やさいさんでもそうでしたが、この「くだものさん」でも、
くだものかと思ったらリスが出てきたり、「ぽろりん」だったのに最後のさくらんぼは「ぽろぽろぽろりん」だったり。

不意をつく展開がとても楽しいです!

また、くだものさんそれぞれの表情が違うのも見どころです。
ももさんはほっぺの赤い可愛い女の子で、かきさんは髭の生えたおじいさん。

 


それぞれのくだもののイメージにぴったりな表情が描かれています。

れもんさんの表情からは、すっぱい果物であることが子どもたちにもわかりやすくなっていますね。

ブドウやサクランボなど、実をいくつもつける果物がみな仲良さそうに並んでいるのにもホッコリします。

少し見える野菜の顔に、これは何色かな?
野菜の顔を隠す葉っぱはどんな形?
お子様と一緒に会話を楽しみ、めくりあいながら、ぜひ一緒に読んでみてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク