親子の時間研究所

絵本大好きスポット◆かこさとし ふるさと絵本館「砳」(らく)

この記事は約2分で読めます。

◆だるまちゃんシリーズでお馴染み、かこさとしさん。

 

工学博士、技術士(化学)でもあり、そして絵本作家、児童文化研究者の「かこさとし」さん。

だるまちゃんシリーズでお馴染みのかこさんですが、90歳を超えた今も新刊を次々と発表されています。

2013年、かこさんの故郷、福井県越前市に ふるさと絵本館「砳」(らく)がオープンしました。

地元の子ども達だけでなく、絵本好きな方たちが日本全国から訪れる場所として注目を集めています。

 

 

Exif JPEG

◆遊具もかわいい!だるまちゃんたち。

 

絵本館の外の広場には、だるまちゃんたちの遊具が設置されています。

子どもたちは可愛い遊具に大はしゃぎでした。

 


スポンサーリンク

◆見どころ満載の絵本館。

 

館内入口では、だるまちゃんたちがお出迎えをしてくれています。

絵本の世界に入り込んだような幸せな時間が過ごせます。

 

Exif JPEG

◆「えほんのへや」には本がいっぱい!

 

えほんのへや をのぞいてみると、本棚に絵本がいっぱい並んでいます。

かこさんの作品約2200冊をはじめ、約4500冊の絵本、児童書などが置かれているそうです。

絵本は手に取って自由に読むことができます。

お部屋のカウンターのところでは、かこさんにお手紙を書けるコーナーや

可愛いキャラクターのシールや缶バッチなどグッズの販売もありました。

 

 

◆「あそびのへや」で変身ごっこ!

 

あそびのへや では、からすのぱんやさん、マトリョーシカちゃんなどに変身できる衣装があります。

お気に入りのキャラクターに変身してぜひ記念写真を撮ってみましょう。

 

このお部屋では絵本の中にいるキャラクターたちにたくさん出会うことができます。

定期的に絵本の読み聞かせやイベントなども開催しているので、

ぜひ開催日等お問い合わせをして、参加してみるとより一層楽しめると思います。

毎年4月26日の開館記念日には、イベントと共に

かこさんの作品キャラクターにまつわる工作なども行えます。

わが家が行ったときは「てんじんちゃん」の工作でしたが、

「だるまちゃん」「マトリョーシカちゃん」「あかいありとくろいあり」などの日もあるようです。

工作の考案は、遊びクリエーター・造形作家の早未恵理さんによるものです。

 

 

◆絵本館2階は展示室。

 

絵本館の2階は展示室になっています。

かこさんからのビデオメッセージや貴重な原画や複製原画を見ることができます。

展示作品などは定期的に入れ替えがあるので、何度行っても楽しめます。

 

わが家は県外在住で、絵本館まで車で片道2時間以上かかるのですが

また近々遊びに行きたいと計画中です。

 

 

Exif JPEG

 

◆「かこさとし公式サイト」もチェックしよう!

 

かこさとし公式サイト では、絵本館情報だけでなく、作品情報、新刊のお知らせ、講演会や展示会、メディア出演情報など、かこさとしさんについての最新情報がいち早く公開されます。

かこファンの方は必見です。

全国各地で楽しめるイベント情報など、こまめに発信されているのでぜひチェックしてみてください。

公式サイトの「編集室より」というページでは、作品のあとがきの引用や、解説文などが引用掲載されていて、大変興味深い内容になっています。

●かこさとし公式ウェブサイト http://kakosatoshi.jp/

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク