親子の時間研究所

パパをイクメンにする方法。ファザーズバッグを準備しよう。

この記事は約2分で読めます。

女性に比べて親としての自覚が芽生えにくい男性。

赤ちゃんが生まれたというのに、ちっとも育児を手伝ってくれない。泣いていてもかまってくれないし、自分は好きなことばかりしている。

そんなときには、パパと赤ちゃんだけでお出かけしてもらって育児の大変さを体感してもらいましょう。

そんなパパに必須なのがファザーズバッグ。特徴や選び方を紹介します。

ファザーズバッグとは?

赤ちゃんと一緒にお出かけするときは、荷物がいっぱい。おむつの変えや着替え、ごみ袋やタオル、哺乳瓶やミルク、時にはおやつやおもちゃなど。

そんなときに必要なのが、たくさん入るマチの広いバッグです。出産に向けて準備する女性も多いので、マザーズバッグと呼ばれます。

ファザーズバッグはこの男性版。

女性のが使うものに比べて、色合いが落ち着いていたり大容量だったりします。

では、ファザーズバッグを探すときのコツを紹介しましょう。

仕切りがたくさんついていること

あれこれたくさん詰め込んでも、取り出しにくかったら意味がありません。

ファザーズバッグを選ぶポイント第一は、中に仕切りがたくさんついていることです。

ポケットや中仕切りがあれば、おむつはここ、ミルクはここと詰めやすいです。それに見やすく取り出しやすいので、必要なものがすぐ準備できる。

泣いている赤ちゃんのおむつ替えに慌てなくてもよくなります。

リュックよりはショルダー

次のポイントは、両手が使えてかつ物がすぐに取り出せることです。

リュックの方が、赤ちゃん抱っこがしやすいという場合もあります。でも、例えば抱っこしたまま買い物をしたりする場合、物が取り出しやすいのはショルダーです。

それにショルダーの方が、中に入っているものが見やすいく何がどこ成るか分かりやすいメリットもあります。

肩が痛くならないガードが付いているもの

最後に、たすきの幅が広かったり、柔らかいガードが付いているものがおすすめです。

使ってみるとよくわかりますが、荷物一杯のバッグを長時間持っていると肩への負担が大きくストレスになってしまいます。

肩にかける部分にウレタンが使ってあったりすると、クッションになって重さを分散してくれます。

ワンセット作って車に乗せておくのがベスト!

マザーズバッグに比べて活躍するシーンが少ないファザーズバッグは、パパの車の中に常備しておきます。

ママが疲れて休みたいとき、パパにやってもらいたいのが赤ちゃんを連れてお出かけ。
でも、どこに行ったら分からないという時、ドライブに出かける様に勧めてあげましょう。

ドライブならパパも退屈しませんし、車の振動で心地よくなって喜ぶ赤ちゃんもいます。優しい音楽を掛けてあげるのもいいですね。

そしてファザーズバッグに必要な物をすべて入れて、車に積み込んでおくのを忘れずに。
着替えやおむつは入れっぱなしでも心配ないですので、ミルクや湯冷ましだけ作ればすぐ出発できます。


スポンサーリンク

ママからパパへのプレゼントとしても最適なファザーズバッグ

ファザーズバッグは、贈り物としても最適です。

妊娠が分かったら、女性から男性にあててプレゼントするのもいいですよ。「これでしっかり子育てしてね!」とパパの自覚を促しましょう。

好みのブランドや、服に合わせやすい色など考えて選んであげてください。

私は友達に赤ちゃんが生まれると、旦那さんあてに出産祝いとして贈ります。
妊娠出産は女性のお祝い事と思われがちですから、男性がお祝いをもらうとうれしいようです。

自分も子育ての一員だと思ってくれること請け合いです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク