親子の時間研究所

クリスマスが楽しみ!毛糸ぐるぐる手作り「雪だるま」

この記事は約1分で読めます。

クリスマスがあるから、寒くてもなんだかちょっとウキウキしてしまいます。
この冬のイベントを、せっかくなので親子で楽しみましょう。
おうちでほっこりクリスマス工作なんていかがでしょうか?

材料はこれ!人気のヨーグルト飲料の空き容器

冬の体調管理に飲まれているヨーグルト飲料の空き容器を使います。
普通のペットボトルよりも、小さなお子さんでもサイズが扱いやすくて、飽きずに工作できます。
しかも、容器にくびれがあるので、雪だるまらしく仕上がります。

●ヨーグルト飲料の空き容器 1本
●毛糸 2色(白とお好きな色)
●ペットボトルキャップ 1個(色付きのもの)
●両面テープ
●フェルト(黒、あれば赤)
●デコレーション用の飾り(ボタンやビーズ等)
道具は、はさみ、のりまたはボンドを用意します。

作り方は簡単!ひたすらグルグル巻いていく

1、まず、空き容器に両面テープを貼る。こうしてから毛糸を巻くと滑りにくくなる。
2、毛糸をグルグル巻きつける。巻き終わりは毛糸の中に隠す。
(上下に少し膨らみを持たせて巻くようにするのがポイント)
3、マフラーのように、くびれの部分に違う色の毛糸を巻く。

4、フェルトで顔に目鼻口を作り、胴体もデコレーションする。
5、バケツのように、両面テープで容器の口にペットボトルキャップをのせる。
これで、雪だるまの出来上がり!

小さいサイズなので、玄関や本棚などのちょっとしたスペースに飾ることができます。
クリスマス雑貨といっしょに置けば、一気にクリスマスムード漂う素敵な空間になることでしょう。

たくさん作って並べても、雪だるまの表情の違いを楽しむことができます。
毛糸を使っているので見ているだけでも暖かく、ほっこりした気持ちになれるクリスマス工作です。
ぜひ、お子さんといっしょに毛糸グルグル楽しんでみて下さい。


スポンサーリンク

おまけ ~きらきらスノードーム~

同じ空き容器で、「きらきらスノードーム」も簡単に作れます。
ぜひ合わせて挑戦してみてください。

まずは水の色付けの準備をします。ふたつの方法があります。
●絵の具を入れる(ほんとにほんとに少しだけです)
●水性ペンで容器の内側に色を塗っておく

次に水を3分の2くらい入れて色を溶かします。
そこに液体のりを少しだけ加えると、逆さまにしたときに飾りがゆっくり落ちます。
キラキラした飾りを入れて、ふたをきつく締め、水漏れしないようにテープを巻いたら出来上がり!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク