親子の時間研究所

【0歳から楽しめる】屋内遊具がある千葉県あけぼの山農業公園

この記事は約2分で読めます。

こんにちは。chiroruです。
これから夏に向けて外遊びが気持ちいい季節になりましたね。
いままで夫婦でインドア派でしたが子供が生まれ、公園などに出かける機会が増えました。
しかし子供を遊ばせること優先になり、たまにはきれいな花を観賞したいと思うことありませんか?
今回はそれが叶えられる公園「あけぼの山農業公園」を紹介します。

「あけぼの山農業公園」は千葉県柏市にあります。駅から離れているので車での来園がおすすめです。
JR我孫子駅、JR柏駅からバスが出ていますが本数が少ないのでご注意ください。

・おすすめ時期について

2月下旬から3月中旬の春がおすすめです。
梅にはじまり、桜、チューリップ、ポピーなど、様々な花が楽しめます。
梅園は傾斜になっており階段があるので、ベビーカーはおすすめしません。低月齢のお子さんなら抱っこ紐の方がよいかもしれません。

桜の時期はみなさんシートをひいてお花見を楽しんでいます。
屋台も出ていました。駐車場から歩いて5分ほどの高台にお花見スポットがあります。
行きは上り坂を歩きますので、ベビーカーの方が良いかもしれません。

そして有名なチューリップ畑。風車をバックにした風景はメディアや雑誌でもたびたび取り上げられているので、見たことある方も多いかもしれません。
色とりどりのチューリップが春の空に映えて、思わず「わあ!」と声が出てしまうほど見事です。老若男女とわず写真を撮影していました。
一年通して花が楽しめますが、やはり春から初夏にかけてをオススメします。

・屋外遊びについて

公園なので屋外遊具があります。
園児の子供は滑り台など楽しめます。
娘はまだ一歳だったので自由には遊べませんでしたが、少し大きい子は何度も登って滑ったり楽しそうでした。
また池に鯉が泳いでいたり、広い芝生もあります。
子供たちは駆けっこしたりシャボン玉で遊んだり、キャーキャーはしゃいでとても楽しそうでした。
芝生にテントをはって、なかでお弁当を食べたり昼寝をしたり、まったりした時間を過ごすパパママさんもいらっしゃいましたよ。


スポンサーリンク

・屋内遊具スペースについて

この公園で一番驚いたのは、屋内遊具スペースがあること。しかも無料かつ充実しています。

ブランコ、滑り台、絵本、ボールプールなどなど、ねんねの赤ちゃんから一歳くらいまでの子供なら充分楽しめるかと思います。
使用の際は、入り口にあるボードに名前と、入退室時に時間を書くだけです。
基本的にスタッフは常駐しておらず、荷物の管理は自己責任となります。
例えば上の子はパパと外遊び、下の子はママと屋内遊びと楽しむこともできます。

おむつ替えスペースも廊下を挟んですぐ別室にあるので安心です。
ただし離乳食をあたためるためのレンジはありませんので、レトルトのベビーフードなど持参される方はご注意くださいね。
天気のいい日は外のテーブルやベンチで食事をしてもいいかもしれません。

・最後に

いかがでしょうか。時期によって楽しめる花が変わるので、気候のいい日にぜひ訪れてみてください。
外遊びが好きな子供も、まだ屋内でしか遊べない低月齢の子供も楽しく過ごせると思いますよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク