親子の時間研究所

赤ちゃんは、どこまで覚えているの?

この記事は約1分で読めます。

アナタは生まれてから、1歳ごろまでのことを覚えているでしょうか?

人によってはお腹にいたときのことも覚えているという方もいらっしゃるようですが、多くの方が赤ちゃんのときの自分を覚えてない!

実は赤ちゃんの記憶力って、生まれた時から備わっているわけじゃないって、ご存知でしたか?

赤ちゃんの記憶力は4ヶ月ぐらいから


画像出典:PhotoACより

生まれてばかりの赤ちゃんは、記憶する力が成長しておらず、いろいろなことを覚えることが出来ません。

例えば、目の前のおもちゃを隠しても、4ヶ月ごろまではおもちゃがさっきまで有ったことをすっかり忘れてしまいます。

少しわかりにくい表現ですが、目の前に有ったものが、目の前からなくなったとしても記憶力が育っていないから気にしないというぐらいの、記憶する力しかないのです。

6ヶ月ごろになるとおもちゃを隠したら、探すようになる

例えば「いないないばー」のように、さっきまであったものが隠されると、それがどこにあるのかを探すようになります。

6ヶ月ごろになると「隠し遊び」と言われる、目の前のものを隠して、それがどこにあるのかを探すゲームを赤ちゃんが楽しめるようになるのです。

また、この時期から赤ちゃんの記憶力はぐんぐん育っていきます。

「隠し遊び」や「当てっこ遊び」などで、赤ちゃんの記憶力を遊びながら上手に刺激してあげましょう♪

ただし、長く隠すとまだまだ忘れてしまうこともあります!

目の前にあるおもちゃをパッと隠して、さっと探させる、これぐらいなら赤ちゃんの記憶力でも、まだ追いつくから遊びがなりたちます。

しかし、赤ちゃんの記憶する力はまだまだ発展途上。長時間隠すと、隠されたものがそもそもなんなのか、隠されたことすら忘れてしまうことがあります。

だから、赤ちゃんと隠し遊びや当てっこ遊びをするときには、隠す、見つけるという時間はなるべく短い時間になるように、工夫してあげてくださいね。

そうした工夫をすることで、赤ちゃんは少しずつ記憶力を育んでいきますよ!

[参考1]『赤ちゃん どこまでわかっているの?』|すくすく子育て

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク