親子の時間研究所

出産後の痛みは、いつまで続く?

この記事は約1分で読めます。

妊娠、出産はもちろん大変ですが、出産した後だって大変なんです!
女性によっては、出産時の切開の痛みが長年にわたって取れず、辛い思いをされている方もいらっしゃいます。

今回はそんな産後の痛みに関するお話です。

出産後の長引く痛み、どうすれば?


画像出典:PhotoACより
自然分娩だって、ものすごく大変ですし。帝王切開をされたママだって、身体への負担は決して少なくありません。
最近では、縫合技術が上がっていることもあり、表面上はキズが目立ちにくくなりましたが、身体の中は、そうは行きません。

出産後に
・傷口が冷えて突っ張る
・身体の内側が突っ張る
・切開した部分の傷口が痛い
などを感じられる方は少なくありません。

この痛みは、出産後2~3年ほど続くことがあり、産後のママの身体は表面上ではわからないほど、かなりデリケートな状態なんです。

出産後の身体の痛みに対するケア

・ぬるいお風呂にゆっくり浸かる
・リラックスできる時間を作る
・身体を温め、ほぐす など

出産後の痛みを少しでも和らげるために、上記のことを意識してみてください。

また、産後の痛みがあまりにもひどい場合は、病院に相談し、痛み止めを処方してもらってください。
授乳中であっても処方できる痛み止めがあります。

むしろ、逆に痛みを我慢して生活しても、身体も心もボロボロになってしまうだけです。

上手にお薬と付き合いながら、産後の身体のケアをしてくださいね。

お産を振り返ることで、心が休まる場合も……

出産は命がけの行為です。人によっては、出産の体験がトラウマのようになってしまっている方もいらっしゃいます。

でも、きちんと話せる人に自分のお産の時の体験を話すことで、気持ちが楽になることもあるかもしれませんよ?

産後の身体の痛みだけでなく、心の痛みにも目を向けて、頼れる人にしっかり甘えて、頼って心身ともに健康なアナタになってくださいね。

[参考1]『産後の体と心~体編~』|すくすく子育て

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク