親子の時間研究所

お年玉の相場価格は、いくらぐらい?低すぎる金額はご注意を!

この記事は約1分で読めます。

お正月に親戚の子どもにあげる「お年玉」って、どうしていますか?
お年玉をまったくあげないワケにはいかないし、でもどれくらいの金額をあげれば良いのかわからない……。

今回は、そんな親御さんを悩ませる「お年玉の金額」について、ご紹介します!

お年玉の相場価格は●千円!今どきの子どもは意外にお金をもらってる!?

画像出典:Photo AC

おもちゃなどを販売している会社「バンダイ」が2018年に行った調査によると、小学生(1~6年生)がもらっているお年玉の合計平均金額は21,382円とけっこう高額!

平均して1人あたり3~4千円程度、お小遣いをあげており。中でもおじいちゃん、おばあちゃんがあげる金額が1番多いそうです。

  • ・小学校低学年……2千円程度
  • ・小学校高学年……3千円程度
  • ・中学生……5千円程度

またおせちの通販会社「Oisix」が行ったお年玉に関するアンケート調査では、年齢ごとに上記のような結果が出ています。

小学校低学年に対して、安すぎるのはマナー違反?

「Oisix」が行った同アンケートの中で、小学校低学年の子どもにあげる金額が、もっとも少なかったのが「500円」だったそうです。

「まだ小さいから、500円ぐらいでいいよね~」と思って、少ないお年玉をあげてしまうと、マナー違反になってしまうかも?

また3千円以上あげるのも少数派らしいので、あまり高い金額のお年玉をあげるのも考えものです!

ちなみに子どもたちは、もらったお年玉を何に使っている?

大人の頭と財布を大いに悩ませるお年玉の"金額"問題。
肝心のお年玉をもらう子どもたちは、もらったお年玉を何に使っているのでしょうか?

先にご紹介したバンダイの調査では小中学生のお年玉の使い方の1位が「貯金」で2位「お菓子やジュースなどの飲食物」、3位「ゲーム機・ゲームソフト」と意外にお年玉をもらう子どもたちは堅実派が多いみたいですよ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
2019-09-05_ad_03_sp