親子の時間研究所

8割近くのママが「心配」「不安」だった!?ママたちが思う学習の不安とは?

子育てって、正解がないからこそ難しい。
とくに子どもの勉強に関しては、さまざまな情報が錯綜しており、何が正しいか本当に悩んでしまいます!

なんと株式会社アルファコーポレーションが行った中学生~成人未満のお子さんがいらっしゃるお母さんを対象に「過去の子育てについての振り返りと意識調査」を実施した結果、8割近くのママがお子さんの教育について「心配」「不安」と回答されていました。

ママたちが不安になった子どものポイントは、どこ?


画像出典:PRTIMES:8割近くの先輩ママが、心配・不安だったと振り返る子育ての内容とは!?「勉強学習」と「能力」、それぞれに必要な対策は●●だった!

8割近くのママたちが、お子さんの教育の中で不安になった主なポイントは「読み書き、計算」「コミュニケーション能力」「日常生活」「理解力」の4つ。

子育てが終わった世代に対するアンケートですが学習能力だけでんかう、子どものコミュニケーション能力を心配されていた先輩ママも、かなりの数いらっしゃったようです。

先輩ママたちが思ったこと。それは勉強よりも能力が大事!


画像出典:PRTIMES:8割近くの先輩ママが、心配・不安だったと振り返る子育ての内容とは!?「勉強学習」と「能力」、それぞれに必要な対策は●●だった!

同じアンケート内で先輩ママたちが、実際に子育てを振り返り思ったことが「勉強よりも能力が重要だった!」ということでした。

現役ママたちからすると「勉強よりも、能力が大事なの?」と思ってしまいがち。

しかし、ノーベル経済学賞受賞のジェームズ・ヘックマンの研究によると「幼児期に非認知スキル(忍耐力・生活習慣・手先の器用さなど)を高める教育を受けると、成人後もその効果が続き、社会的な成功や健全な生活につながる」という結果が出ており、学習教育よりも、まずスキルを養うことのほうが、後々の子どもの人生において役立つことが判明しています。

勉強よりも、先にコミュニケーション能力や生活スキルを身につけることだ大事かも?

多くのママたちを悩ませる「子どもの勉強学習」。
しかし、子育て後のママたちは勉強よりも、個人の能力を身につけることのほうが、後々の子どもの生活にプラスにつながると考えているようです。

確かに大人になってから、勉強よりも、忍耐力や規則正しい生活がおくれるか……の方が大事に感じることが多いかも?

お子さんの学習教育も大切ですが、それ以前の忍耐力・生活習慣・手先の器用さなどを育む「非認知スキル」を高める能力開発も同じぐらい大切ですよ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
2019-09-05_ad_05_sp