親子の時間研究所

小さなお子さんの防寒対策って、どうすれば? 厚着よりも重ね着の方がママも子どもも楽かも!

この記事は約1分で読めます。

寒~い季節だからこそ、ママも子どもも防寒対策をしっかりしたいですよね!
でも、小さなお子さんって服をきれば温かいと分かっていても「やだー!」とか「めんどくさーい!」とか、なかなか素直に服を着てくれません。

しかし、そもそも大人よりも体温が高い、小さな子どもはそこまで厚着させなくっても良いのかも。

厚着させない!動きやすい重ね着がおすすめです♪


画像出典:PhotoACより

「子どもは大人より1枚少なめ」と言われるのは、小さな子どもの方が体温が高いから。
だから大人からすると「寒いかな」という程度でも、小さな子どもにとっては十分暖かかったりします。

だから、小さな子どもが服を脱ごうとするのは服を着るのが嫌だからだけでなく、単純に服を着ていると暑いから。

それでも大人からすると、もう少し厚着をして欲しい……ということがありますよね?

そんな時は着脱しやすいカーディガンやベストを"重ね着"させることで対策しましょう。

暑くなったらすぐ脱げる!汗をかいたら肌着を交換すればOK

大人よりも体温が高く、汗をかきやすい小さな子どもには「厚着」させるのではなく。「重ね着」させるのが正解!

まだ体温が温かいときは、無理に服を着させなくても良いですし。逆に寒くなったら、着させてあげれば良いんです。

また小さな子どもは大人以上に汗をかきやすく、汗が冷えてしまい風邪を引いてしまうことがあるので、すぐに肌着が着替えられるように外出時は上着だけでなく下着も常備しておきましょう。

子どもは大人よりも体温が高いから、無理して着させすぎないがポイント!

大人からすると「そんな格好で寒くないの!」と心配になりますが、厚着のせいで汗をかいて身体が冷えてしまう方が風邪を引きやすくなるので「重ね着+下着の常備」でお子さんの体温調節をママがフォローしてあげるようにしましょう。

子どもの健康を守るために防寒着を着せることは大切ですが、厚着させるよりも、体温調節がしやすい"重ね着"をさせるようにしたほうが服を「着る」「着ない」のめんどうなやり取りも減るし。体温調節もしやすくなるし、親子ともにストレスが減って良いのかもしれませんよ?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク