親子の時間研究所

粉ミルク4つのメリット 粉ミルクという選択肢は間違いではありません!

この記事は約1分で読めます。

かつては「母乳信仰」とも言うべき「赤ちゃんは母乳で育てるべき!」という考えが主流だったことがあります。

もちろん、母乳を赤ちゃんに与えることで免疫力の向上や赤ちゃんにとって栄養を吸収しやすい――というメリットもありますが、母乳が出ない方や母乳の出が悪い方は決して無理して母乳だけで育てようとしなくても大丈夫です!

今回は、改めて粉ミルクのメリットを考えて見たいと思います。

粉ミルクには粉ミルクのメリットがある!ママにとって負担が少ないというメリットも


画像出典:Photo ACより

「粉ミルクって、どうなの?」と思うかもしれませんが、粉ミルクには次のようなメリットがあり。ママにとっても赤ちゃんにとっても決して、悪い選択ではあありません。

  • 1.哺乳量がわかりやすい
  • 2.ママ以外でも授乳ができる
  • 3.場所を選ばずに授乳が出来る
  • 4.ママが病気で、薬を飲んでても大丈夫

1.哺乳量がわかりやすい

母乳は、赤ちゃんがどれぐらい飲んでいるかわかりません。

哺乳瓶での授乳とは異なり、母乳は実際にどれぐらい出ているのかがわからないので、赤ちゃんがどれぐらいおっぱいを飲んでいるのかがわかるというメリットがあります。

2.ママ以外でも授乳ができる

完全母乳で育てる場合に「授乳がママしか出来ない」というデメリットがあります。
しかし、粉ミルクならママが忙しい時や病気の時でも、他の誰かが赤ちゃんに授乳することができます。

3.場所を選ばずに授乳が出来る

哺乳瓶を使ってミルクをあげるので、バスの中や人前でも気にせず授乳することができます。

4.ママが病気で、薬を飲んでても大丈夫

赤ちゃんを母乳で育てている時は、ママには食事制限が必要になることだってあります。

特に授乳中はママは風邪でも風邪薬が飲めないし、お酒だって飲めません!

でも、粉ミルクならママの体調管理も、ストレス発散もしやすいというメリットがあるんです。

粉ミルクでも赤ちゃんは育ちます!母乳が偉い。粉ミルクが悪いはアリませんよ

粉ミルクでも赤ちゃんは、育ちます!
粉ミルクだから赤ちゃんが育たない――ということは決してありません。

それにご紹介したように、粉ミルクには粉ミルクにしかないメリットがあるのも事実です!

大切なのは、赤ちゃんに愛情をもって、自分の出来る範囲でベストな選択をしてあげることですよ~。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク