親子の時間研究所

3歳から補助輪なしの自転車に乗る

外での乗り物

子どもが大きくなるのはあっという間で、外でたくさん遊び始めます。外での乗り物と言えば、三輪車や三輪のキックボード、自転車などたくさんあり、どんなものを子どもにプレゼントするか、とても迷いますよね。

我が家は長男が2歳の時、3輪車を購入するか、ストライダーというペダルなしの自転車があり、他にもキックバイクやへんしんバイクというような商品名で販売されているのですが、どちらを購入するか、とても迷った時期がありました。

息子が少しやんちゃな面があり、三輪車よりもストライダーの方がスピード感もありますし、バランス感覚も身につくかなと思い、「へんしんバイク」という商品を購入しました。

こちらの商品は、ペダルなしで地面を足でキックして遊んだり、ペダルをつけて自転車として乗ることができ、長く使用できると思い、購入に至りました。

スポーツ用品店やインターネットでも購入可能です。様々なカラーがあり、子どもの好きな色を選ぶことができます。

へんしんバイクプレゼント

 

最初は遊び方がわからず、ちょこちょこと地面を蹴って遊んでいたのですが、すぐに慣れ、すごいスピードで家の周りを走り回るようになりました。

半年ほどはペダルなしで足で地面を蹴って遊んでいたのですが、少し早いかなと思いつつ、3歳4か月の時にペダルをつけてみました。

最初はペダルが邪魔で思うように遊べず、ペダルが嫌だと言っていたのですが、公園で少し練習するだけで、ペダルをこぐことができるようになっていました。

初めてペダルをこげた!

へんしんばいくのメリット

私が子どものころは小学生になったら自転車の練習を始めるのが普通でしたので、こんなに小さくても自転車に乗れるんだととても驚きました。

早く補助輪なしの自転車に乗れるようになった理由として、息子自身も、ペダルなしの時に足を地面からどのくらい長い時間、離していられるかという遊びをよくしていたのでスピード感やバランス感覚がすでに身についており、ペダルをつけてから全く怖がる様子がなかったことが挙げられます。

大きくなってから自転車に挑戦することは、背も伸びているため、自転車も大きくなり、その分恐怖心を持つ子も多いようです。

へんしんバイクは、自転車のタイヤがとても小さく、太いタイヤなので、ある程度安定感も得られます。

へんしんバイク


スポンサーリンク

自転車に乗る上での注意点

3歳という年齢なので、交通ルールの理解がまだまだ十分でないことが挙げられらます。必ずヘルメットとサポーターを着用し、道路ではなく公園や家の庭に限定するなどのルールを設けることも大切です。

また、乗る練習と並行して、止まる練習もしっかりと行いましょう。

小さいうちにバランス感覚が身についていると、運動に自信をもって取り組めるように思います。

5歳になる息子は今でもへんしんバイクを愛用しています。

自転車を楽しんで乗れるようになると良いですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク