親子の時間研究所

高尾山へ登ってみよう!

高尾山とは

東京都八王子市にある標高599mの山。
都心から電車で1時間程で着くので、人気の登山&観光スポットです。

ミシュランの三ツ星にも認定されたハイキング・トレッキングの名所で、年間300万人の観光者数は世界一!

全9コースの登山道があり、ケーブルカーやリフトも運行しているので、子どもからお年寄りまで、無理なく楽しく登山する事ができます。

登る前に寄ってみよう

高尾山に登る前に是非立ち寄ってもらいたいのがココ!
TAKAO 599 MUSEUM!!

白を基調とした、明るく清潔感溢れる店内。

ここには、599カフェや599ショップ、599ガーデンなどがあり、 山へ登る前も登った後も、誰もが気軽にゆったりとくつろげる空間です。

また、 情報交換ができるコミュニケーションスペースを設けているので、趣味の話に花を咲かせたり、ちょっとしたワークショップなんかもできます。

ミュージアムの名の通り、高尾山が誇る豊かな生態系や歴史、文化など、高尾山の魅力を分かりやすく、楽しく展示・発信しています。

登る前に展示を見て、登山のマナーやコースなど、事前学習してから出発するのもお勧めです。

スポンサーリンク
おそらの絵本バナー1

子連れ初めての山登り

〜ケーブルカーを利用しよう

高尾山は599mと、さほど高い山ではありません。
むしろ、比較的登りやすい山です。

しかし、普段、運動不足ギミの人や、まだ小さな子ども連れには、やはりキツイかもしれません。

ここはムリせず、ケーブルカーやリフトを利用しましょう。

高尾山のケーブルカーの最急勾配は31度18分で、日本一の急勾配と言われています。
しっかり足を踏ん張っていないと倒れてしまう程!
話の種に乗車してみるのも良いでしょう。
通常は15分間隔で運行しています。

山の空気をダイレクトに感じたい方に人気なのが、エコーリフト。
腰掛け式の2人乗りで、まわりを囲むものがないシンプルな創り。
自然を間近に見ながら、空の旅が楽しめます。

料金は、どちらも
おとな片道480円(往復930円)
こども片道240円(往復460円)
です。

体力に自身のある方は、もちろん歩いて登ってもOK!

 

〜マイペースにのんびり登ろう

ケーブルカーやリフトを降り、道なりに進むと【かすみ台】という展望台に出ます。

ここには売店があり、だんごやソフトクリームなどが販売されています。
ベンチも設置されているので、登山の計画を立てるのにもピッタリ!

焦らず各々のペースで登り始めましょう。

 

〜見どころたくさん

山頂を目指す道中には、猿園や髙尾山薬王院有喜寺など、観光スポットも点在。

中には樹齢450年以上ともいわれる大きな杉の木で、曲がりくねった根や、突き出た部分にあいた穴がタコを思わせるユニークな姿をしている事から、タコ杉と呼ばれている木があったり、よーく目を凝らしてみると、可憐な花が咲いていたりします。

コースによっては、吊橋を渡れたり、切り倒された大木に出会えたりもしますよ。

 

〜山頂では

山頂に到着したら景色を堪能しましょう。
山頂の展望台からは、丹沢の山並みが一望に見渡せますし、空気が澄んでいれば富士山も美しく見えます。
※関東の富士見100景にも選定されています。

その他にも高尾ビジターセンターがあり、高尾山に生息する生物や自然環境、歴史などについて、パネルや模型を使って解説しています。
解説員が同行して周辺の自然観察を行なうガイドウォークなども行なっています。

【ビジターセンター】
開館時間:10時~16時
休館日:第三月曜日
(祝日の場合はその翌日)
入館料:無料

花より団子の方。
山頂にも売店がありますが、品数はさほど多くはありません。

出掛け前に余裕があれば、お弁当やおにぎりを持参するのも良いでしょう。
普段とは違う、格別の味を楽しめる事間違いありません!

 

〜下山

お腹も心も満たされたら、下山です。

登りと違い、これと言った目標もなく、さらに、一般的には登りよりも下りの方が体力が必要とさているので、より、気持ちを引き締めて下山しましょう。

登りとは違うコースで下山すると、様々な高尾山の顔が見れ、さらに楽しめますね。

 

リビーター続出

紹介した通り、高尾山には様々なコースがあり、基本的には、どのコースも一般的な体力の持ち主であれば登り降りする事はできます。

さて、次はどのコースで登ろうか!?と、帰りの車中で計画しながら帰路につくのも、また楽しみの一つですね。

 

高尾登山電鉄

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク