親子の幸せライフWebメディア 親子の時間研究所

2018年1月16日

簡単インテリア♪リースを作ってみよう!

我が家の玄関ドアや廊下にはリースが飾ってあります。

以前私が手作りしたリースですが、ちょっとくたびれてきたのでリニューアルしようとしたところ、娘が「作りたい!」と言ったのでチャレンジさせてみました。

材料は何でも使える!

リース作り

リースといえばクリスマスのイメージかもしれませんが、使う素材で季節感を出すのも醍醐味♪

今回は100円ショップで揃えましたが、時間があれば季節の草花をドライフラワー(庭に生えている猫じゃらしなんかも!)にして素材として使うのもアリです!土台部分も、枯れた後の朝顔やサツマイモのツルなどを束ねて使っても素敵ですよ♪

接着に使用したのはグルーガンです。熱くなるのでここは私が手伝いました。

子どものやりたいように…感性を育てよう

リース作り「付けたい場所を決めてから糊を付けて貼るんだよ」

そう教えると、4歳なりに一生懸命考えてお花を付けていきます…が、進んでいくうちに慣れてきたのかスピードアップ。

ちょっと雑になったりもしましたが、そこもまた子どもらしい。

ワイヤー付きの飾りの巻き付けなどは手伝って、あとはほとんど子ども自身で作りあげました。

星飾りの表面にグルーガンを付けて固めたり、本当に子どもの感性って不思議で面白い!

完成!世界で1つの手作りリース

手作りリース

手作りリース

素敵なリースができました!正直、上手すぎて親の私がビックリしました(笑)

さっそく玄関ドアに飾ったところ、出入りの際に娘がにっこりしていました♪

もっと土台に山ほど素材を張り付けるのを想像していたんですが…知らないうちに好みが変わっていたんですね。

成長を感じました。

自分で考えて作り上げたものは格別。出来上がりも満足そうでした!

手作りリース

季節の素材で作るリース、夏は貝殻を使うと涼しげな印象に。リースは1年中楽しめるインテリアです。

秋にはどんぐりや松ぼっくり、木の実を使ってもまた違った顔のリースになりますよ♪

身近なもので出来る手作りリース、簡単なのでぜひお子さんと挑戦してみてくださいね!

リース作り

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう