親子の時間研究所

1歳~2歳が夢中になる!ほっこり手作りおもちゃ

この記事は約1分で読めます。

我が家には手作りグッズを作るのが得意な家族がおり、よく子ども向けのおもちゃを作ってくれます。その中から子どもに大ヒットだったおもちゃをご紹介。どれも家にあるものや100均の材料で簡単にできますよ。

ひも落とし

容器に紐をどんどん入れていくおもちゃです。

写真の容器は100円均一で購入したものですが、お菓子の空き容器などあらゆるもので代用できます。

作ると言っても簡単で、カラフルなひもを適当にカットし、三つ編みにしたものをたくさん用意するだけ。

息子は夢中になって容器に紐を落としては取り出し、また落としては取り出すという遊びに集中して取り組んでいます。

カラフルぽっとん

BOXの中にアイテムをぽとんぽとんと入れていくおもちゃです。

焼き海苔やお茶葉、ポテトチップス等の筒状の容器に画用紙やマスキングテープ、シールなどを貼って飾りつけし、専用BOXを作ります。

続いてフタの部分を切り抜いて口を作ります。貯金箱の口のようにしてみたり、入れるもののサイズぎりぎりに合わせてカットすると、子どもが遊ぶとき楽しいようです。カットした部分には切り口で怪我をすることのないよう、ビニールテープなどを貼って保護しておきましょう。

BOXの中に入れていくアイテムとして、100円均一で売っているカラフルなポンポンや、子どもの好きなモチーフやキャラクターの切り抜き、シール等を用意します。

息子は「ぽっとん。ぽっとん。」と言いながらBOXの口にポンポンをどんどん入れて、フタを開け中身を全部出してはまた入れて、を繰り返しています。これもすごく集中して夢中になって遊んでいます。


スポンサーリンク

ガラガラ♪ペットボトル

空のペットボトルを用意し、100円均一で売っているビーズやポンポン、鈴などを入れ、フタの部分をビニールテープ等でしっかりと止めて開かないようにします。

続いて飲み口の部分にゴム紐などをつけます。見た目も楽しく、鳴らして楽しいカンタンおもちゃのできあがり。

ポイントは色々な色、形のものを入れること。キラキラした素材は視覚にも刺激的です。

息子はゴム紐をびよんびよーんとひっぱってみたり、直接握って振ってシャカシャカと鳴らしてみたりしています。「きいろ!ぴんく!きらきら!」などとカラフルな中身も楽しんでくれているようです。

おうちで気軽に作れる手作りおもちゃを紹介しました。おうちでぜひ試してみてくださいね。
※紐やポンポンなど小さなアイテムは誤飲に十分お気を付けくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク