親子の時間研究所

干し野菜で野菜を美味しく長期保存

この記事は約1分で読めます。

干し野菜で野菜を美味しく長期保存

干し野菜って、ご存知ですか?
そのまんま「野菜を干す」だけですが、切り干し大根のように野菜を干すことで野菜の中にある水分を抜き、いつもの野菜を美味しく、もちろん長期保存することができるんですよ!

超簡単!干し野菜の作り方

まず野菜をキレイに洗って、しっかり水気を切ってくださいね。
野菜を干す場所は日当たりが良く、風通しが良い居場所で。またご自宅にある網やザルの上に野菜をのせるだけでOK。

ちなみに干し野菜は、次のような野菜で作ることができます。

[干し野菜におすすめな野菜]

  • ・にんじん
  • ・だいこん
  • ・ピーマン
  • ・れんこん
  • ・かぼちゃ
  • ・しいたけ
  • ・えのき

※きのこ類は水で洗わないでください。

もちろん、他のお野菜で野菜はできますが、葉野菜だけは干し野菜には向かないので、ご注意を!

1.野菜を5m厚ぐらいにカットして、クッキングペーパーで水気を取る


それぞれの野菜を包丁を使って、5m厚ぐらいにカットし。
その後、クッキングペーパーで水気をとってから、網などに並べていきましょう。


スポンサーリンク

2.網にのせた野菜を半日ほど干す


網にのせた野菜を半日ほど干してください。
表面が白く乾いた状態なら、水気が抜けて十分干されています。

長期保存をする場合は「完干し」をしましょう。完干しの目安は野菜が縮こまってカリカリになるまでです。

干した野菜は旨味が凝縮!スープに入れるより美味しい♪

野菜やきのこを干すことで、普通に冷蔵庫に保存するよりも長く保存することができるようになります。

しかも、忙しいときにスープの中に干し野菜を入れるだけで、あっという間に旨味がいっぱい詰まったスープをカンタンに作ることもできるんですよ!

カンタンに作れるけど、長期保存もできるし。しっかり美味しい。
小さなお子さんと一緒にこの機会に干し野菜を作ってみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク