親子の時間研究所

子どもに「新しい生活様式」を身につけるために大切なこと 〜 上野里江の『こころのママ』(その8)

この記事は約1分で読めます。

長かった感染症対策のための外出自粛…

やっと緊急事態宣言が解除され
学校に行かれる!幼稚園に行かれる!
友だちと遊べる~と、子どもたちも喜んでいることと思います。

でも、何もかもが元通りの生活に戻るわけではなく
「新しい生活様式」が、求められていますよね。

マスク、手洗い、人との距離…
子どもたちには、どのように知らせていますか~?

これから新たな日常が始まる今

「新しい生活様式」を身につけるために
是非、子どもたちに聞いてみて欲しいのが

「なぜ、マスクをするんだっけ?」
「人と離れなくちゃいけないのは、なぜ?」ということ

「新しい生活様式」を子どもが身につけるためには
言い聞かせるだけでなく、理由を理解することが大切なのです。

先日、高校生の息子がマスクをつけ忘れて近所を歩いていたら
「知らない人に、にらまれた!」「咳もしてないし、歩いていただけなのに」と
ぼやいていました。

私「なぜ、マスクが必要なんだっけ?」と息子に質問!

息子「え~?人に唾を飛ばさないように?」「でも、僕しゃべってないよ!」と不満顔。

息子はマスクをする理由が分かってないのかしら?と思った私…もう一度聞いてみました。

「マスクをしていない人が突然目の前で咳をしたら、どう思う?」

息子「それは嫌な感じ…」「マスクはまわりの人の安心のためかぁ…」
そう言って、マスクの必要性を少し理解した?ようでした。

言われて分かっているつもりでも
分かっていないことって、たくさんあるんですよね。

自分のことばで言うことで
初めて自分ごととして理解して、行動に結びついていく!そう思います。

ママの「なぜ?」の質問に
子どもなりに理由を理解して、自分のことばで言えれば大丈夫!

やらないと怒られるから
ママがやりなさい!って言うから
みんなやっているから

そんな理由で行動することは身につかないので…

是非、新しい生活様式を身につけるために「なぜ?」の質問をしてみてね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク