親子の時間研究所

コロナでも公園遊びは大丈夫?

この記事は約2分で読めます。

新型コロナウイルスで、お外に出たいけれど大丈夫かな……と不安になってしまいますよね。

ただ文部科学省では、子どもの外遊に関しては大きな問題はないと考えているようで、お子さんの体調が悪くないのなら公園で遊ばせてあげても良いみたいです!

風邪のような症状がなければ、外遊びに出かけても大丈夫!


画像出典:PhotoACより

保護者などからは「公園で遊ばせていいのか」という問い合わせが相次ぎ、文部科学省は、おととい、かぜのような症状がなければ、「健康維持のために屋外で適度な運動や散歩をすることを妨げるものではない」とする見解を示しています。

出典NHKニュース

しかし、文部科学省の見解では『かぜのような症状なければ屋外での運動を妨げない』と述べられてます。

わかりにくい表現ですが、要するに風邪のような症状が出ていない状態なら、ストレス発散として野外運動は自己判断でOKという意味のようです。

ただし、外遊びの際にも感染予防の観点から「一度に大人数が集まって人が密集する運動をしない」ということは意識してくださいね。

お外で遊んでも大丈夫?

新型コロナウイルスはつばやくしゃみなどの飛沫を近距離で浴びることで感染しやすくなってしまいます。
特に密閉空間では、飛沫をもろに浴びてしまうため、新型コロナウイルスに感染しやすくなりますが、お外の場合は風通しが良いため感染するリスクは低いとされています。

特にボールを使ったりして、子どもたちの距離が広いものは感染リスクが低いので、専門家も推奨しています。

なお、多くの子どもたちが触れる遊具には汚染のリスクはあるので、外遊びの際にもこまめに手洗い、うがいは忘れずに!

体育館などの屋内で遊ぶ際の注意点

  • ・入り口を広く開けて、換気をこまめにする
  • ・ドアノブ、手すり、スイッチなどを消毒する
  • ・室内では大人数では遊ばない

公園だけでなく、体育館や自宅で子どもが集まって遊ぶ際には、なるべく少人数で、且つ上記のことに注意して遊ぶようにしてください。

もちろん、室内に出入りするときも、うがい手洗いはしっかりと行ってくださいね。

運動してストレス発散も、免疫力を高めるために必要です!

学校も閉鎖で、いつも遊んでいた場所も、みんなで遊べない。
大人だけでなく、子どもたちにもストレスがいっぱいの環境が続いていますよね。

でも、ずーっと家にいたり、身体を動かさなかったりすることは"健康"の観点から見ると決して良いことではありません。

しっかり感染予防を行っていれば、外遊びをしていたとしても新型コロナウイルスに感染する可能性を低くすることが出来ます。

子どもの健康とストレス発散のためにも、子どもが「外で遊びたい!」と言ったら、一緒にお外で遊んでみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク