親子の時間研究所

コロナ予防とエアコンの使い方

この記事は約1分で読めます。

夏になっても新型コロナウイルスの猛威はとどまるところを知りません。
緊急事態宣言こそ撤回されましたが、私たちは否応なしに「ウィズコロナ」を意識して生活をせざるを得なくなってしまいました……。

そして、夏に気になるのはコロナだけでなく"熱中症対策"もです!

コロナ禍でもエアコンは適切に使って!


画像出典:PhotoACより

日本救急医学会の2015年のデータによると熱中症が最も多く発生した場所は室内でした。
意外に思われるかもしれませんが、室内にいるほうが熱中症になりやすいのです!

だから厚生労働省でも、コロナ予防と熱中症対策として次のことを提唱しています。

  • ・屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合は、マスクを外す
  • ・強い負荷の作業や運動は避けこまめに水分補給
  • ・冷房時でも、こまめに換気して空気を入れ替える

マスクを使っていると、どうしても身体の中に熱が溜まってしまいやすく、熱中症になりやすくなってしまいます。
特に子ども大人以上に体温調節が難しいため、人がいない場所ではマスクを外して体温を下げるようにしてください。

エアコンで空気を入れ替える際の4つのポイント

エアコンを使っていても部屋の中の空気を入れ替えて、ウイルスを外に追い出すことが重要です。
その際に、次の4つのことを意識してくださいね!

  1. 1.風の入口と出口を作り「換気経路」を作る
  2. 2.複数の窓を開けて空気をより多く入れ替える
  3. 3.換気扇や扇風機、サーキュレーターなどで空気を回す
  4. 4.空気を入れ替える際には室温を高め(28度程度)に設定する

1時間に1回程度、1~2分程度で空気を入れ替えるだけでも部屋の中の空気は十分入れ替わりますよ!
また空気を入れ替える際にもエアコンはつけっぱなしにしておいてくださいね。

なお空気を入れ替える際に、室温を高めに設定することでエアコンの負担を減るので、気になる電気代も節約することができますよ!


スポンサーリンク

コロナも熱中症もしっかり予防を!

新型コロナウイルスも恐ろしいですが、熱中症も命に関わる危険な病気です。
今年の夏は、コロナ予防もしつつ、熱中症対策もしっかりして、子どもを守らなければいけない、ママたちにとって大変な夏になりそうです……!

[参考1]『マスク着脱や冷房時の換気「新しい生活様式」の熱中症予防呼びかけ』|ヤフーニュース

[参考2]『夏の換気、効率的に 新型コロナ対策で熱中症リスク』|ヤフーニュース

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク