親子の時間研究所

子どもがもし、新型コロナウイルスに感染してしまったら……

この記事は約1分で読めます。

家族の中で、もし子どもだけが新型コロナウイルスに感染してしまったら、どうすればよいのでしょうか?

未だ確かな治療薬が見つかっていない、新型コロナウイルスはピーク時に比べれば感染者数は減少傾向にあります。

しかし、未だ感染のリスクはなくなっておらず、特に学校が始まった子どもたちの中で、新型コロナウイルスに感染するリスクはゼロではありません。

子どもがコロナかもという場合も「原則として自宅療養」


画像出典:PhotoACより

子どもに熱が出て「もしかして、コロナウイルスなのでは?」という状況であっても「原則として自宅療養」が求められてしまうようです。

ただ発熱後に呼吸が苦しそうだったり、喘息のような症状が出た場合――呼吸器症状の悪化等がみられた場合は、速やかにかかりつけ医に電話で相談するようにしてください。

また自宅に高齢者や持病があり、新型コロナウイルスに感染すると命の危険性がある人と同居している場合は、保健所や担当医に指示を仰ぐことをおすすめします。

子どもが入院した場合は、親が付き添いできる場合も

子どもが新型コロナウイルスに感染し、入院しなければいけないような状況になってしまった場合は、親が同室での付き添いが許可されることがあります。

ただし、親自身も新型コロナウイルスに感染している可能性があり。且つ濃厚接触者なので同室での健康観察が必要な理由もあるので、親子で隔離される場合もあります。

※PCR後の陰性、陽性かによっても病院側の対応が変わります。

「もしかして?」という状況だからこそ、親が感染しないように細心の注意を!

子どもが熱を出したからといって、100%新型コロナウイルスに感染しているワケではありません。

普通の風邪や風邪以外の病気にかかっている可能性の方が高いですが「もしかして」という状況だからこそ、親が新型コロナウイルスに感染しないように、しっかりマスクと手洗いをして予防をするようにしてくださいね。

親子で新型コロナウイルスに感染してしまったら、それこそ大変なことになってしまいますよ!

[参考1]『小児の新型コロナウイルス感染症に対する医療提供体制に関する見解 〜入院や付き添いの考え方も含めて〜』|日本小児科学会 より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク