親子の時間研究所

少し変えてみて!子育て中のスキンケア時短術

この記事は約2分で読めます。
スキンケア

ongchinonn / Pixabay

子育て中は忙しいため、丹念にスキンケアは出来ませんよね!でもおろそかにしているとあっという間に小じわが!!

少しの工夫で改善出来ちゃいます。

今回は5つご紹介します。


1・「オールインワン化粧品」を使用する


Skin, Care

_Alicja_ / Pixabay

基本のスキンケアは、『化粧水→美容液→乳液→クリーム』の順番がありますね。

でも、一つ一つ肌になじませていくのは結構時間がかかるもの。これを一個で済ませられる「オールインワン」の化粧品というものがあります。

最近では、オールインワン化粧品は広く普及していて、美白、保湿、アンチエイジングなど、用途にあわせたものが出ています。

お風呂上がりや朝の忙しい時でもってパッと!

でも、一度に終わらせるから意味あるのかとも思いますよね!しかし、時間がなく化粧水と保湿で終わってしまうなら、オールインワンの方が断然よいです!!


2・「シートパック」を活用する


パック中手軽に使える「シートパック」は肌に乗せたらしばらく放置できるのがメリットですよね。お風呂上りに乗せて、その間に子どもの世話をしてしまいましょう。仕上げにクリームを塗ると保湿効果も高まるようです。
ただし、放置しすぎるとシートが乾燥してしまうので、注意が必要。


3・コットンパックでも大丈夫


コットンパックシートマスクは顔全体を覆いますが、ポイントで保湿したい人はコットンパックでも大丈夫。コットンに適量の化粧水を含ませ、軽く顔全体に塗布します。その後、たっぷり化粧水を含ませて保湿したいポイントに張り付ける。

これだけでもしっとり・モチモチに!!手で肌を触ってひんやり吸い付き感があれはOK。


4・子どもと兼用の保湿剤・乳液を選ぶ


オーガニックコスメ

xbqs42 / Pixabay

最近では、子どもも大人も一緒に使えるオーガニックコスメも種類が豊富にあるようですね。

同じ物を使えば、朝の洗顔やお風呂上りに、子どもに先に塗った手で自分の肌にサッとつけられます。

子どもと一緒に楽しむスキンケアは、スキンシップの一つとしての相乗効果もあるようです。親子で一緒の物を使うことで、買い物の手間も減りますね。


5・スプレータイプの化粧水を使う


スキンケア スプレー

chezbeate / Pixabay

スプレータイプならシュッと顔に吹きかけて、手のひらでそっと肌を包み込むだけで、水分を肌に届けてくれて、パッティングをしなくても良いそう。

手軽にスプレーするだけなので、肌が乾いたかも?と思ったらすぐにできるので、お手軽ですね。お手持ちの化粧水を詰め替えタイプのスプレーボトルに入れるだけで使えますよ。

まとめ

子育て中はつい自分のことを後回しになりがちですが、ちょっとしたアイテムを変えたり、ながら美容をしたりするだけで時短になります。抑えておきたいのは、化粧水を時間と手間を掛けずにしっかり浸透させるという事。

化粧水さえしっかりやっておけば、時間がたってからの乳液や美容液をしても問題ありませんよ。

是非、時短テクニックで美ママを目指してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク