親子の時間研究所

フェルトで作ろう『美味しいお弁当のおかず〜卵焼き編』

この記事は約1分で読めます。

簡単!手作り可愛いおもちゃ

おままごとで使えるお弁当のおかずを作ります。
お弁当箱は家で余ってるお弁当箱に詰めればOK!
本物と変わらない大きさで作るので、本物みたいに美味しそうで可愛く、そして楽しく遊べます!

おままごととして意外でも、誤飲が出来ない大きさなので、赤ちゃんの指先トレーニングとして遊ばせることも出来ます!

我が家の娘は長男(兄)のこのおもちゃを、まだ寝返りも出来ない頃からニギニギして遊んでいました。


大切なポイントは最初に!

 

お弁当などの食べ物を作る場合の一番のポイント!


◎縫いはじめと終わりの玉結びはなるべく隠すことです。


縫いはじめは表面ではなく裏面からにし、終わりは重ねたフェルトの間から針を出し玉結び。

そのまま糸は切らず一度フェルトを縫いそのままギリギリのところの糸を切り、玉結びを隠して下さい。

※後からポイントを説明され、聞いてないよ~ってことが私自身多々あるので、先にポイントをご説明させていただきました。


材料はこれだけ

・黄色フェルト
・白色フェルト(クリーム色の方がリアルになります)
・茶色の糸(黄色でもOK)
※茶色の糸だと縫い目が焼き目のように見えます。

 

準備

フェルトの長さが足りない場合、継ぎ足しOKです!

その場合、継ぎ足し部分が完成した時の表面に出ないように手順①で内側に巻き込んでください。
※長めに裁断し、縫い付ける直前に好みの大きさでカットしてもOKです。

 


スポンサーリンク

手順は簡単!3ステップ

手順①

裁断した二色のフェルトを重ね、白色が内側になるようきつめに巻く。2、3周巻いたら糸で仮止めする。
縫う際、端に近いところは縫わないようにして下さい。

手順②

すべて巻き終えたら、黄色いフェルトをめくり白のフェルトの終わりを糸で止める。
この時、大まかな形が出来上がるので、楕円形を作るつもりで、きつく縫い付け止めてください。

手順③

残してあった一周を巻き、黄色いフェルトの終わりを糸で縫って(たてまつり縫い)完成です!

もし、たまご焼きの切れ目がズレてしまった場合、綺麗になるようハサミを入れて下さい。

1つでも美味しそうですが、2つ作るとよりお弁当らしく感じます。
簡単ですので是非作ってみてください。



子供が口に入れても安心の手作りおもちゃ。
忙しいママでも簡単に作れますので、余裕ができたら作ってみてくださいね!

 

フェルトで作ろう 『美味しいお弁当のおかず~ウィンナー編』はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク