親子の時間研究所

赤ちゃんは何を見ているの?

この記事は約2分で読めます。

生まれてしばらくすると、赤ちゃんは何も見えていないはずなのに、ニコニコ人の顔をみて笑ったり、興味深そうにいろいろなところをキョロキョロ見たり……。

赤ちゃんには、どんな世界が見えているのでしょうか?

赤ちゃんは赤ちゃんなりにしっかり見えている!


画像出典:PhotoACより

生後2ヶ月ごろの赤ちゃんの視力は約0.01~0.02と言われています。
大人の視力で例えるなら、目の前がぼんやりとテレビのモザイクがかかったようにしか見えてないことになりますが、赤ちゃんの場合は大人と異なり、ちゃんといろいろなものをしっかりと見えています。

視力が弱いから何も見えていない――と勘違いされがちですが、赤ちゃんには大人とは違うように見えているものの、赤ちゃんなりにしっかり周りの風景が見えているんですよ!

生後2ヶ月ぐらいから人の顔をわかるようになる

生後2ヶ月ごろになると、赤ちゃんは周りのことを赤ちゃんなりに観察して、少しずつ理解していきます。

個人差はありますが、生後2ヶ月ごから人の顔をじっと見るようになり、人間に興味を持ち出します。

また2ヶ月ごろになると眼球の働きも成長し、赤ちゃんが見えているもののコントラストがハッキリとしてくるので、今まで興味を持たなかったものにも興味を持つようになります。

赤ちゃんの目は1ヶ月ごとに成長していく

生まれたばかりの赤ちゃんはほとんど目が見えていませんでしたが、生後1ヶ月で光が分かるようになり、2ヶ月、3ヶ月……と少しずつ眼球の機能が成長していきます。

6歳ごろになるまで立体視はできませんが、視力はまだまだ低いもののいろいろなことを赤ちゃんなりに見て、それが何かを理解しようとしているんです!

親からすると「え、何を見ているの!?」と驚くこともあるかもしれませんが、赤ちゃんからすればじーっとよそを見ながらも、今見えている風景を楽しんでいるのかもしれませんよ?

[参考1]『産後の体と心~心編~』|すくすく子育て
生まれてしばらくすると、赤ちゃんは何も見えていないはずなのに、ニコニコ人の顔をみて笑ったり、興味深そうにいろいろなところをキョロキョロ見たり……。

赤ちゃんには、どんな世界が見えているのでしょうか?


スポンサーリンク

赤ちゃんは赤ちゃんなりにしっかり見えている!

画像出典:PhotoACより

生後2ヶ月ごろの赤ちゃんの視力は約0.01~0.02と言われています。
大人の視力で例えるなら、目の前がぼんやりとテレビのモザイクがかかったようにしか見えてないことになりますが、赤ちゃんの場合は大人と異なり、ちゃんといろいろなものをしっかりと見えています。

視力が弱いから何も見えていない――と勘違いされがちですが、赤ちゃんには大人とは違うように見えているものの、赤ちゃんなりにしっかり周りの風景が見えているんですよ!

生後2ヶ月ぐらいから人の顔をわかるようになる

生後2ヶ月ごろになると、赤ちゃんは周りのことを赤ちゃんなりに観察して、少しずつ理解していきます。

個人差はありますが、生後2ヶ月ごから人の顔をじっと見るようになり、人間に興味を持ち出します。

また2ヶ月ごろになると眼球の働きも成長し、赤ちゃんが見えているもののコントラストがハッキリとしてくるので、今まで興味を持たなかったものにも興味を持つようになります。

赤ちゃんの目は1ヶ月ごとに成長していく

生まれたばかりの赤ちゃんはほとんど目が見えていませんでしたが、生後1ヶ月で光が分かるようになり、2ヶ月、3ヶ月……と少しずつ眼球の機能が成長していきます。

6歳ごろになるまで立体視はできませんが、視力はまだまだ低いもののいろいろなことを赤ちゃんなりに見て、それが何かを理解しようとしているんです!

親からすると「え、何を見ているの!?」と驚くこともあるかもしれませんが、赤ちゃんからすればじーっとよそを見ながらも、今見えている風景を楽しんでいるのかもしれませんよ?

[参考1]『産後の体と心~心編~』|すくすく子育て

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク