親子の時間研究所

新型コロナウイルスで学費支援が必要になったら?

この記事は約1分で読めます。

新型コロナウイルスのせいで収入が減少し、子どもがアルバイトすらできなくなった。そんな方は「奨学金案内(家計急変)」を利用することで、学費の支払いを抑えることができます。

奨学金案内(家計急変)って何?


画像出典:PhotoACより

「奨学金案内(家計急変)」とは、予期できない事由により収入が減ってしまい、緊急の支援が必要な際に給付される「給付奨学金」のことです。

対象となるのは、現在次の在学中の人です。

  • ・大学・短期大学・専修学校(専門課程)
  • ・高等専門学校(4~5年生)

また下記の金額が該当する区分ごとに、毎月給付されます。

【公立】奨学金案内(家計急変)の支給金額

◆大学・短期大学・専修学校(専門課程)

  • ・自宅通学 ~33,300円
  • ・自宅外通学 ~66,700円

◆高等専門学校(4~5年生)

  • ・自宅通学 ~25,800円
  • ・自宅外通学 ~34,200円

※該当する区分によって支給金額は異なります。

【私立】奨学金案内(家計急変)の支給金額

◆大学・短期大学・専修学校(専門課程)

  • ・自宅通学 ~42,500円
  • ・自宅外通学 ~75,800円

◆高等専門学校(4~5年生)

  • ・自宅通学 ~35,000円
  • ・自宅外通学 ~43,300円

※該当する区分によって支給金額は異なります。

「奨学金案内(家計急変)」の申請に必要となる証明書類

「奨学金案内(家計急変)」は新型コロナウイルス感染症に係る影響による収入減少があった者等を支援対象としており、その収入減少を証明する「国及び地方公共団体が実施する公的支援の受給証明書」かそれに属する「公的証明書」が証明書類として認められます。

「奨学金案内(家計急変)」の申込手続きは学校へ!

「奨学金案内(家計急変)」に関する申し込み手続きは、お子さんが在学している学校に直接問い合わせするようにしてください。

また上記の「事由発生に関する証明書類」が手元にそろっていない場合も、ひとまず学校へ申込みの相談を行いましょう。

「奨学金案内(家計急変)」を活用して、少しでも家計の負担を減らそう!

証明書さえされば自宅通学、自宅外通学に関わらず、給付がもらえます。
小さなお子さんだけでなく、大学生のお子さんがいらっしゃるご家庭は「奨学金案内(家計急変)」の申し込みをして、少しでも家庭の負担を減らすようにしてくださいね。

[参考]『給付奨学金案内(家計急変)』|日本学生支援機構より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク