親子の時間研究所

子ども服~安くお得に手に入れよう。

成長の早い子どもたち。

 

子どもの成長は本当に早いので子ども服は購入しても、

ワンシーズン着たら1年後にはサイズアウトしてしまい、もう着れない。ということもよくあります。

兄弟がいれば下の子にも着せる機会はあるかもしれませんが、一人っ子の場合や兄弟がいても性別が違う場合は、ワンシーズン着て終わりになってしまうことも多いのではと思います。

今回は、少しでも安くお得に子ども服を入手できる方法をご紹介したいと思います。

 

おりがみ2

 

プチプラで可愛い子ども服を。

 

安く可愛い子ども服を販売しているお店でチェックしてみましょう。

 

・バースディ(しまむら系列店)

店舗では子ども服以外にも靴、リュック、水筒、子ども雑貨など豊富な品揃えです。

 

・ユニクロ

低価格なのに、しっかりした素材と作りで安心して着せることができます。

Tシャツなどは可愛いキャラクター物も多く、子どもも喜びます。

 

・西松屋

何と言ってもお安いのが魅力です。

子ども服も豊富に取り揃えていて、選ぶのが楽しくなります。

服以外もチャイルドシートやベビー椅子などの販売もあり、どれもお値打ちな商品が魅力的です。

 

べびー

 


スポンサーリンク

メルカリ、ネットオークションなどを利用

 

憧れのハイブランド子ども服もメルカリやヤフオクなどを利用すれば

お値打ちに購入することができる場合もあります。

ただネットオークションなどは実際に届いたら「写真と違う」「明記されていない汚れや傷みがあった」などのトラブルも多いので、購入される場合は十分に注意が必要です。

 

幼稚園、保育園のバザーに行く

 

近くの幼稚園や保育園のバザーがあればぜひ行ってみることをおススメします。

在園児の保護者向けだけでなく、誰でも来てOKのバザーを開催している園もあります。

うちの子どもたちが通った幼稚園バザーでは、古着はすべて1枚50円で販売していました。

販売する古着は園の保護者から集めたものですが、美品が多く、中には高級ブランドのものもありました。

古着のほかにもママ達の手作りの給食袋やランチョンマット、こどもマスク、通園バックなどの販売もあります。

どれも店舗で購入するよりもお得な価格設定となっていることが多いです。

 

町や地域のリサイクルイベント

 

お住まいの地域にもよりますが、市町村で定期的に「リサイクルイベント」が開催されている地域もあります。

イベント内容はぞれぞれ違いますが、わたしが参加したものは

不要になった服を子ども支援センターや児童館などで集めて、

それを欲しい人に無料で譲るというイベントでした。

市町村の広報誌に掲載されていたり、市役所や児童館などでお知らせが貼りだされている場合が多いのでチェックしてみてください。

 

不要になった服は必要としている場所へ

 

自分の子が着れなくなった服も、必要としている人がいたら渡してあげるときっと喜ばれると思います。

誰にもあげる人がいなくても、不要になったらゴミとして捨ててしまうのではなく、

リサイクルボックスなどへ入れることで少しだけ地球にも優しくなれると思います。

 

おりがみ1

 

少しでもお得でお値打ちに、お気に入りの服が入手できるといいですね。

お友達などからお下がりとして譲っていただいた場合は、お礼も忘れないように心がけましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
2019-09-05_ad_03_sp