親子の時間研究所

新型コロナ対策で消毒すべき場所

この記事は約1分で読めます。

新型コロナ対策で消毒すべき場所

新型コロナウイルスは、通常のコロナウイルスよりも、長い時間生きることが出来るとされています。

しかし、そんなコロナウイルスも「消毒」の前には、勝てません!

今回は新型コロナウイルス対策として、消毒しておきたい場所をご紹介します。

新型コロナウイルス対策で消毒すべき場所一覧

居間・ダイニング

  • ・ドアノブ
  • ・窓の取っ手
  • ・照明のスイッチ
  • ・椅子
  • ・壁
  • ・床

大人だけでなく、子どももベタベタと触る場所は、コロナウイルスに限らず、さまざまな菌が発生しやすい場所です。

台所・トイレ等

  • ・蛇口
  • ・シャワーヘッド
  • ・洗面器
  • ・排水溝
  • ・浴槽
  • ・便座
  • ・便座の蓋
  • ・流水レバー

意外に盲点なのが「蛇口」と「シャワーヘッド」でしょう。
いつものお掃除でもついつい忘れてしまう場所は、当然ながらウイルスが付着し、繁殖しやすい場所でもあります。

その他

  • ・子どものおもちゃ
  • ・マウス
  • ・キーボード
  • ・ゲームのコントローラー
  • ・テレビ、エアコンのリモコン
  • ・スマホ

特に忘れてしまいがちですが、子どものおもちゃやゲームのコントローラー、キーボード、スマホは菌の温床となってしまいやすいので、この機会に重点的に消毒するようにしてくださいね!

上着やカバンやリュック、洗濯物は大丈夫?


画像出典NHK|新型コロナウイルス いま知りたいことより

日常生活の中で手でベタベタと触れるものは、雑菌やウイルスが繁殖しやすいとされています。

しかし、日常生活で"自分が使うもの"に対しては、そこまで神経質になる必要はないようです。

外気に触れる上着やカバン、リュックに関しても自分だけが使うものでしたら、過度に心配する必要はありません。
(他の人にベタベタ触られる、或いは衛生的に気になる場合は消毒しても問題ありません)

また洗濯物に関しても、通所の洗濯洗剤を使って外で干すことで、ウイルスが感染するということは考えにくいので、こちらも必要以上に神経質にならなくって大丈夫。

トイレやお風呂のタオルに関しても、家族間であれば使いまわしても大丈夫ですが、家族の中で気になる症状が現れた場合は、それぞれにタオルを分けて家の中でも感染が拡大しないように注意してくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク