親子の時間研究所

マスクを使うタイミングと捨て方

この記事は約1分で読めます。

マスクを使うことで、コロナウイルスだけでなく、インフルエンザなどの感染症も含めて、移されたり、移したりを予防することができるようになります。

でも、正しい使い方をしないと、せっかくのマスクも効果がありません!

マスクはこんなときにはなるべく使って!

画像出典photoACより

  • ・換気が悪い密閉された場所
  • ・多くの人が密集した場所
  • ・人と人との場所が近く、会話をしたりする場所

マスクは外出時などに使っても良いですが、上記のような場所で過ごす場合は、マスクをすることで感染症予防の効果を高めることができます。

特に多くの人で密集している「バスの中」や人が密集しており、換気が悪い「電車(特に満員電車の中)」では、マスクを使って感染症を夜ボスするようにしてくださいね。

マスクを短期間外すときは、どうすれば良い?

食事のときなど、ちょっとマスクを外す場合は、マスクをどんな場所に置けば良いのでしょうか?

袋の中に入れられる方もいらっしゃるかもしれませんが、人がいない場所なら机の上にマスクを置いているだけでOKです。

空中に漂っているウイルスがマスクに付着する量は決して多くはありません。

ただ「衛生的にちょっと……」という方は、マスクの上にテイッシュをかぶせたり、マスクを置く前に机を除菌シートで拭くなどで、より安心してマスクを置くことができます。

マスクの外し方と捨て方

マスクの表面には、さまざまなウイルスが付着しています。
適当にマスクを外してしまったらせっかくマスクでガードしたウイルスを吸引してしまう可能性があります。

マスクを外すときにも次のようにすることで、手へのウイルスの付着を防ぐことができます。

  • 1.マスクの鼻部分をつまむ
  • 2.耳からゴムを外し、マスクに触れないようにする
  • 3.ビニール袋の中に入れ、しっかりと袋の口を縛る

ただ、流石に毎日マスクを1個ずつビニールの中に入れるのは大変ですよね。
余裕があるときはビニール袋に入れて処分し。そうでないときは、なるべくマスクを手で触れないように注意してくださいね。

マスクには感染予防効果がありますが、ウイルスを代わりに付着させるものでもあります!

マスクはどんなときに使えば良いのか。そして、一時的に外すときはどうすれば良いのかを詳しくご紹介させて頂きました。

特に多くの人が見落としてしまいがちな「マスクの外し方と捨て方」は、覚えておくことで、感染拡大を予防することにも繋がります。

ウイルスは目には視えません。一見清潔そうに見えるマスクでも、その表面はたくさんのウイルスが付着しているかもしれません。

そして、だからこそ「マスクの処分」もなるべく正しく行うようにしましょうね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク