親子の幸せライフWebメディア 親子の時間研究所


 

2018年10月12日

喧嘩はするけど仲良しな兄弟

いないとさみしい

我が家には、小学校6年生と2年生の男の子がいます。

3歳半離れていますが、休みの日には1日中一緒にいるほど仲良しです。お兄ちゃんは、大人しくテレビを見たいときもあるけれど、弟の遊ぼう攻撃にしょうがないなと付き合うこともしばしば。
もちろん長く一緒にいればいるほど喧嘩も絶えません。夏休みは1日一回喧嘩をしながらも一緒に遊んでいました。

そんな中、ゆっくり過ごせる小学校最後の夏休みということでお兄ちゃんが一人で新幹線に乗って祖父母の家に行くことになりました。
私と下の子でお兄ちゃんを見送りに新幹線のホームまで行き、新幹線が来るのを待っている間いつもはうるさい下の子がどんどん静になっていきました。
いざ、新幹線が到着すると、上の子が寂しくなり涙。それでも笑顔で行ってきますと乗っていきました。

それを見届けた下の子は、新幹線が走り出したとたんにウエーンと声をあげて泣いていました。
あんなに寂しくないよと言っていたのに、新幹線に乗せられていくお兄ちゃんを見て寂しくなってしまったようでした。

 

指折り数えて兄を待つ

思えばお兄ちゃんが5年生の時の二泊三日の林間学校でも、下の子は寂しくてつまらなそうにしていました。
それが今度は五泊六日。待てども待てども帰ってきません。指折り数えてお迎えの日は朝からテンション高めな下の子。

今度はパパも一緒にホームでお兄ちゃんを待ちます。
新幹線が見えてきた頃からおおはしゃぎ。お兄ちゃんが降りてきたら喜びの舞を躍るほどで、私と繋いでいた手を放して、お兄ちゃんと手を繋ぎ歩いて行きました。

 

母の願いはこのまま仲良く

こんなに仲良しな兄弟ですが、お兄ちゃんは来年から中学生。

勉強も忙しくなり、帰りも遅くなります。一緒に遊べる時間もなくなることでしょう。
下の子には今年までしかこんなにいっぱい遊べないんだよと言っていますが、来年には遊んでくれないお兄ちゃんに悲しくなり泣いていることだと思います。

そんな寂しさを乗り越え、これからも二人仲良く、兄弟でしかできない話をしたり助け合ってくれたらいいなと願っています。

rie0510

ただいま小学6年生と2年生の男の子の母です。

息子2人は、タイプは違えどとても元気で毎日がお祭り騒ぎ。優しく注意しても聞かない我が子に大声で怒りながらも、一緒にいられる今が幸せで嬉しくてたまりません。

子どもと一緒にいられる時間はとても少ないものなので、目を見開きながら少しでもその成長を、変化をいつまでも覚えていられるように、子どもたちの旅立ちの日を迎えられたらと願っています。


 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう