親子の時間研究所

中耳炎の予防 鼻水がみるみる吸い取れるスプレー!

鼻水は厄介・・・子どもの鼻水

一度中耳炎にかかってしまうと、なかなか治りにくく、とても厄介ですよね。
中耳炎の原因は主に鼻水からきているといわれますが、我が家の2歳の娘はよく鼻水が出るので、鼻水吸引器を用いて鼻水を吸い取っています。
鼻水がサラサラな時は良いのですが、鼻水がネバネバしていると、なかなかしっかり吸い取ることができません。

特に冬の間、月に一度程度は鼻水が出てしまい、中耳炎を繰り返していました。
最初の頃は鼻水が少し出てる位だし、自然に治るだろうと思っていましたが、娘の場合は中耳炎になりやすいようで大変でした。何度も病院へ通うのは子どもにとっても負担なことだと思います。

 

鼻水から中耳炎になりやすい

中耳炎の原因の一つとして、小さい子どもの場合、耳管の長さやつくりが未発達のため、風邪がきっかけでのどや鼻の菌が中耳へ侵入しやすいことがあげられます。そのため、鼻水を放置していると中耳炎になりやすいのです。

 


スポンサーリンク
2019-09-05_ad_03_sp

便利なお助けアイテム

鼻水吸引グッズ

私は耳鼻科で初めてすすめられて購入したのですが、それまではそのような商品があることを知りませんでしたので、とても驚きました。

それは「鼻スプレー」です。「ニールメッド ベビーミスト」という商品で、鼻水がネバネバしている時に使うと鼻水を溶かして取りやすい状態になるという鼻スプレーがあります。
耳鼻科などで購入できると思いますが、インターネットでも購入可能です。

このスプレーを使うと、スプレーなしの時に比べて一回当たり2倍くらいの量の鼻水が吸引できます。娘も少し嫌がりますが、生理食塩水なので鼻がつんとすることもなく鼻水を吸引することができます。
鼻が通るようになり、娘の機嫌も良くなるのでとても助かっています。

鼻スプレーの使用方法は、ノズルの先端を鼻の中に入れ、左右それぞれの鼻の穴に1回ずつスプレーします。
そして鼻水吸引器で吸い取ります。

1歳以上の子どもから使用可能で、鼻を洗浄したい時、保湿したい時にも使用すると良いです。

鼻スプレーの成分は、塩化ナトリウム、重層、精製水となっています。

ノズル部分

中耳炎予防のためには鼻水をこまめに取ろう

中耳炎にならないために、ママが子どもにできることはしっかりと鼻水を取りきるということです。

鼻水がなかなか取れなくて、困っているお母さんはぜひ一度、鼻スプレーを使ってみてくださいね!

また、鼻水が出て長引く時は軽視せず、こまめに鼻水を吸引して耳鼻科を受診しましょう。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク