親子の時間研究所

意外と多い⁉子どもの肌トラブル!

この記事は約1分で読めます。

大人より乾燥しやすい子どもの肌

子どもの肌はツルツルすべすべ。のはずが、時にはブツブツしたり乾燥したり、あっという間に変化します。

「なぜそんなに弱いの?」と、心配になってしまいますね。
そんなママにオススメの対策をご紹介します。

乳児湿疹

赤ちゃんの肌はとってもデリケートです。

顔を触るのが怖いからと洗わないでいると、すぐにブツブツしたり赤くなったり。そのかわり治るのもとっても早く新陳代謝が活発なのが特徴です。
デリケートだからといっても、きちんと泡立てた泡でしっかりと洗ってあげる必要があります。
洗いすぎてはいけませんが、撫でるだけではなくちゃんと汚れを落としてあげましょう。

我が子の場合は沐浴の際にガーゼで顔をふいてあげていたら湿疹ができました。
保健師さんに相談したときに泡でしっかりと洗うようにと指導され、それをした数時間後には治っていたのです。
驚くべき回復力ですよね。


スポンサーリンク

赤ちゃんには、大人と同じだけ汗腺があります。

あんな小さな身体に同じ数の毛穴があるのでは、汗っかきになるのも納得いきますよね。
そのうえとても乾燥しやすいのです。
乾燥しづらいクリームを市販で購入する方もいると思いますが、ぜひ皮膚科へ行ってあげてください。
内科でも大丈夫です。
ほとんどの赤ちゃんから幼児はお風呂がりにヒルドイドなどの保湿剤を塗っているようです。
塗っている人からしたら当たり前なのですが私は娘が2歳まで知りませんでした。
ヒルドイドなどを塗るようにしてあげてからは身体の痒みが収まりました。

ただし一つだけ注意事項があります。
痒みで自ら掻いてしまい、ただれたりした患部に保湿クリームを塗ってしまうと刺激されて痒みがさらに強くなることもあるようです。
そんなときは一般的にはステロイドで治療をするようですが自己判断はやめて、医師に相談して判断してください。

症状が出る前に、ぜひその子にあった保湿薬を皮膚科へ行って処方してもらいましょう。

紫外線対策も忘れずに

春から強くなる紫外線。
子どもの紫外線対策への関心はあるもののめんどくさくなってしまいがちです。
ベタベタとするなど子ども自身が嫌がる傾向にもありますが、なるべく塗ってあげるようにしましょう。
外に出る時は紫外線対策をするものと言う意識が今後当たり前にできるようになれば理想的です。
そして洗い落とすこともお忘れなく。

早めの対策ですこやか肌に

乾燥を放置しているとアトピー性皮膚炎に変わっていくこともあります。

清潔に保ち、正しく保湿をして見守ってあげたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク