親子の時間研究所

シングルの子育ての悩み

この記事は約2分で読めます。

パパとママの両方がいると、お互いに役割分担をして子どもの心のケアが出来たり、成長する異性の子どもの悩みに寄り添うことができます。

でも、シングルの場合は自分ひとりでパパの役割もママの役割もしなきゃいけない!

だからと言って、自分以外の性のことは100%わからないし。どう接して良いのかもわからない。

今回はそんなシングルの子育ての悩みに関してケースごとにご紹介します。

叱った後のフォローは、どうすれば良い?


画像出典:PhotoACより

片親だと、子どもを叱った後に「他の誰かがフォローする」ということが出来ないと不安になってしまうことがありますよね。

でも、実際のところ両親が揃っていたとしても、子どもを叱った後のフォローが上手に出来ている家庭ばかりではありません。

「片親だから、子どもの叱り方が下手」「片親だから子どものフォローができない」なんてことはありません。

たとえ片親であっても、子どもに対して「ちょっとさっきは言いすぎて、ごめんね」と言えばそれでちゃんと親の気持ちは伝わるし、子どもの心も落ち着くし、お互いに「区切り」がつきますよ!

子どもが成長したら、部屋はわけた方が良い?

特に自分とは違う性の子どもがいる場合、成長期になると「自分だけの空間」を求めるようになります。

出来るならば部屋は分けた方が良いけれど、それが難しいときはカーテンなどを使って、子どもだけのプライベートスペースを作ってあげるようにしてあげてくださいね。

お金のこともあるから、部屋を完全にわけることは難しい場合はカーテン1つあるだけでも子どものストレスは和らぐので安心してくださいね。


スポンサーリンク

将来、子どもには幸せな家庭を築いて欲しい!

シングルの方の場合、どうしても「子どもは成長して幸せな家庭を築けるのだろうか」と不安になってしまうこともあるかと思います。

でも、そういう風に親が思っていると、子どもにもその気持は伝わってしまいます。

だから難しいことかもしれませんが「私の子どもは大丈夫」「私も幸せだから大丈夫」と思った方が、子どもに対して絶対に良い影響を与えます。

シングルの子育ては確かに大変だけれども「私の子どもは幸せに成長するんだ!」と親が思えば、その気持は子どもにも伝わって結果的にどんな形であれ、子どもは幸せになっていきます。

大切なのは"今"に集中すること

明日はどうなっているかわかりません。極論を言えば、私たちは10分先に何が起こるかすら、完璧にはわかりません。

そして、未来は未確定で、過去は変わりません。

でも"今"だけは変えることが出来るし、今は今しかありません。

いろいろ悩みはあるかもしれませんが、子どもといる一瞬一瞬を楽しく過ごすということを大事にすることで、良い未来もきっと引き寄せられて来ます。だから安心して"子どもと過ごす今この瞬間"に集中してくださいね!

[参考1]『シングルの子育て』|すくすく子育て

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク