親子の時間研究所

簡単!ちぎり絵に挑戦。

 

子どもはお絵描きが大好きですね。
我が家の子どもたちも、暇さえあればお絵描きをしています。でもたまには、ちぎり絵に挑戦してみてはいかがでしょうか?

ちぎり絵は簡単です。
折り紙や包装紙などの紙を手で小さくちぎり、それを貼り重ねていくだけなので小さなお子さまでも充分楽しめますよ!

クレヨンや色鉛筆で描く作品とは違う、味わいのある作品が出来上がります。

用意するのは
・折り紙や包装紙
・のり
・台紙(画用紙などの少々厚みのあるものがおすすめです)
があれば大丈夫!

小さなお子さんでも、ハサミを使う必要がないので安心です。

 

紙をちぎってみよう

まずテーマを決めます。

ただ今、我が家では海賊ブームが訪れており、「絶対に海賊船にする!」という子どもたちの意向で「海賊船」に決めました。
映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」を観た子どもたちは、海賊船の虜です。「大砲がたくさん付いた海賊船にしたい!」と大砲の数に妙にこだわる息子。海賊船っていろいろあるのですね。

次に構図を決め下書きをし、色を考えながら折り紙を選別したらちぎっていきます。
子どもたちは、大はしゃぎしながら楽しんで作業してくれます。「ビリビリにしていいよ~」だなんてなかなか言われませんから大喜びです。

 

 

スポンサーリンク

ビリビリのあとはペタペタに夢中!

思いきりビリビリした後は、いよいよペタペタ貼り付ける作業です。

塗り絵のような感覚で「ここはね、赤。そっちは黒ね。」と、どんどん進んでいきます。細かい部分はお手伝いしながら親子でペタペタ。単純作業なのでお友達のことや幼稚園での出来事などペチャクチャおしゃべりしながら(笑)の楽しい時間です。

おしゃべりの間に、なんとなく海賊船の面影が感じられるようになってきました。

 

海賊船がほぼ完成です。

残りの部分にとりかかります。

「お空は青で・・・雲をもくもくに・・・」と楽しそうです。

 

お楽しみは最後に!

いよいよ完成間近!最後にこだわりの大砲を好きなだけつけてもらいました。
今までにないくらいの集中力でした。

 

こだわりの大砲も無事に貼り終え完成です。
B4サイズほどの台紙を用意しましたが、このくらいのサイズですとゆっくり作業をすると一週間くらいでできるかなと思います。

完成したときの達成感は格別です。

素敵な思い出がまたひとつ!

親子で時間を共有して作り上げた作品は、一生の宝物になること間違いなしです。

ぜひみなさんも、親子でチャレンジしてみてくださいね!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク