親子の時間研究所

ほっこりやさしい絵本ごはん

 

大好きな絵本。

そのお気に入りのシーンをごはんにしてみませんか?

いつものメニューに少しのアレンジを加えて絵本の世界を表現します。

大切なのは、楽しく美味しく食べてもらうこと。飾り過ぎる必要はありません。

子どもたちが大好きな3冊の絵本から生まれたランチプレートと作る時のちょっとしたコツをご紹介します。

 

【きんぎょがにげた】


「きんぎょが にげた」 五味太郎 福音館書店

 

赤いきんぎょはキッチンバサミでカットしたトマトです。

それをいつものランチプレートに添えただけ!

プレートのフチにのせることできんぎょがピョーンと飛び出してきた感じを表現しています。

「きんぎょどーこだ?」

「早く食べないと逃げちゃうかも?!」

なんて話をしながらニコニコ楽しく食べられます。

 

【しろくまちゃんのほっとけーき】


「しろくまちゃんのほっとけーき」 わかやまけん こぐま社

 

くまちゃんホットケーキの作り方は簡単です。

  1. ホットケーキ生地を用意し、冷たいフライパンに目と口を描きます。※爪楊枝や菜箸を使うと細く描けます。
  2. 中火にかけて、描いた目と口に焼き色がついたら火を弱めます。
  3. 両耳になる部分に生地を小さく2つ落とします。焼き色を付けた目と口の上にも重なるように生地を落としてくっついた3つの丸を焼きます。※スプーンを使って落とすと小さな丸も作りやすいです。
  4. 固まってきたら焦がさないうちにひっくり返します。すると、くまちゃんの顔ができます。
  5. 裏側はじっくり焼いてしっかり火を通します。

焼きすぎるとちょっと日焼けしたくまちゃんになります。

顔の位置がずれてしまってもあちこち向いたくまちゃんに見えます。

それもまた可愛いので失敗にはなりません!

子どもたちと一緒にホットプレートでワイワイ作るのも楽しいですよ。

 

 

スポンサーリンク

【ノンタンぶらんこのせて】


「ノンタン ぶらんこのせて」 キヨノサチコ 偕成社

 

ブランコにのったノンタンと、残ったハムで3匹のうさぎさんを作りました。

ノンタンの顔は絵本と違いますし、手足が短くて体の形もそっくりとは言えません。

でもそれでいいのです!

絵本を読んでいるときの楽しい雰囲気を思い出しながら作ります。

 

【お気に入りの絵本は何ですか?】

おうちにある絵本をパラパラとめくってみてください。

お気に入りのシーンのどこか一か所

好きなキャラクターをひとつ

世界観や色合いを何となく

…など、無理なくできそうなところを探してみるところから始めます。

キャラ弁とは違って、お皿の上では表現できることも広がります。

ぜひ自分らしく表現してみてくださいね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク