親子の時間研究所

親子で体験 触れる図鑑コレクション【水がつかめる!】

表紙には、あひるさんがぷよぷよとしたお水に入っている写真が載っていて、

3歳の子どもも封を開ける前から興味津々。

 

★下準備★

まずは中身の確認。

説明書、粉末が2種類、スポイト、計量スプーン、パレット。


スポンサーリンク

ここで既に、初めて見るスポイトに食いつく子ども(笑)。

それから、実験に必要な物を揃えます。

500mlペットボトル×2本、ボウル×2個、れんげ。

子どもは、表紙で見たあひるに感化され、自分のお気に入りの小鳥とカメも入れる!と

自分でおもちゃ箱からいそいそ持ってきました。

 

★下準備2★

それから、説明書の手順に従って、いよいよ実験開始!

まずは、魔法のお水①(子どもがそう命名したので、以後そう呼びます)作り。

ぬるま湯(電子レンジで40度まで温めた水)250mlをペットボルに入れ、

丸めた紙をじょうごの代わりにして魔法の粉①を入れ、

ペットボトルのふたをしめてから、お湯と粉がしっかり混ざるまで振ります。

5~6分で混ざりました。

そこから白濁した魔法のお水①の空気が抜けて透明になるまで20分放置。

まだ少し白濁してたので、10分延長し、次の手順に進むことにしました。

 

次に、魔法のお水②作り。

ペットボトルにお水400mlに魔法の粉②を加えて、振って混ぜます。

こちらは、先ほどとは違い、1分程ですぐに混ざります。

これで、魔法のお水①と②が完成。

続いて、魔法のお水②を一つのボウル(1)に入れ、もう一つのボウル(2)には水道水1ℓを入れます。

 

これで準備完了!いよいよ、つかめるお水作りです。

 

★つかめる水作り★

まずは説明書に従って、基本形を。

れんげに魔法のお水①を注ぎ、魔法のお水②の入ったボウル(1)にゆっくりと沈め、そーっとれんげを外すと・・・

2~3分程で固まりました。

それをすくって、ボウル(2)の真水にくぐらせると・・・

完成!

のはずが、、、

 

家にあるれんげが浅くて魔法のお水①が少ししか入らないせいか、見本のようなきれいな丸にはならず。

子どもはフィギュアを入れたアレンジ作品に興味があったので、基本を早々に終了し、大玉作り。

れんげではなく、小さめの容器を追加で用意してもう一度。

 

魔法のお水①を多めに入れて、小鳥投入。

ボウル①に長めに浸し、ボウル②へ。

すると・・・

ジャーン!

こちらは案外うまくできました。子どもも大喜び。

私には、れんげより小さめ容器の方がやりやすかったようです。

 

続いて、カメ入り大玉を作り、最後には普通の大玉。

でき上がりの時は、しっかり固まったように感じましたが、数分もすると、

持つのが心許なくなるような柔らかさに、、、小鳥さんも何だか元気がないようです。

なので、再度ボウル(1)に投入して2~3分沈めてみると・・・

硬さが戻りました。

★完成作品★

みよ、この弾力!子どもの困惑・残念そうな顔が一瞬で消え去り笑顔に!ホッ。

 

夜にお風呂で遊ぶ!とできてから風呂場で数時間放置した後に湯船に入れると・・・

残念ながら崩れてしまいました。

 

一度作った後に、まだ数回は楽しめる分の粉が残っているので、

次回はまた別の大きさやカラフルな物(食用色素を使うと出来るらしい)も作ってみたいと思います。

 

presented by 触れる図鑑
このコンテンツの撮影画像には触れる図鑑が使用されています。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
2019-09-05_ad_05_sp