親子の時間研究所

初めての科学実験!一緒に氷を作ってみよう!

娘と一緒に新しいことにチャレンジ!

 

おうち遊びが大好きな娘とはじめての科学実験にチャレンジです!

使用したのはこちらのキット 

触れる図鑑「触った瞬間水が氷る!

 

 

科学実験なんて私自身も何年振りか忘れてしまいましたが、娘以上にワクワクしてしまいました。 

 

中に入っていたのは 

・酢酸ナトリウム 2袋 

・蓋つきトレイ 2セット 

・軽量スプーン 

・わかりやすい説明書 

説明書には写真付きで手順が書いてあったので 安心です。

子どもでも理解できる内容なので、ママの方が5歳の娘に手順を指示されながら実験開始です。 

 

子どもでもすぐできちゃう! 

 

早速、娘主導で始めます。

①トレーに酢酸ナトリウムを入れる。 

②スプーンでお水を注ぐ。 

③温めた液を混ぜ混ぜする。 

 

料理の手伝いでもいつもやりたがる作業ですが実験となるとちょっと緊張気味の娘。 

料理では生ものを使うので全部は任せきれませんが実験の材料は触れても問題ない物なのでママも安心して作業を任せられます。 

 

待つのがポイント! 

レンジで温めたら自然に冷めるのを待って、さらに冷蔵庫で冷やします。 

 

せっかちな私たち親子はトレーの下に濡れタオルをひいて急いで冷やします。熱いご飯を早く冷ますのにいつも使っている技です。

 

スポンサーリンク

やっぱり失敗!!

最初の実験は失敗です・・・・・

説明書の氷る仕組みが書いてあるページを読むと失敗の原因がしっかり書いてありました。 

なるほど!と親子で納得。 しっかり待ってゆっくり冷ます。今度は説明書の通りにしながら再チャレンジです。 

 

今度はしっかり待って冷蔵庫に入れました。 

冷蔵庫を開けると今度は成功!液体のままです。 

興奮しながら冷蔵庫から出しテーブルへ… 

でも今度はテーブルに置いた衝撃で氷り始めました。 

「もう!!」と怒られるママ…。 

 

どうやらこの実験、調べてみるとコツがいるらしく、ですがその分成功した時は興奮するそうです! 

なので何度かチャレンジしてみましたが結局指で触って氷るところは見られませんでした。 

 

失敗も成功!? 

実験は失敗でしたが、トレーの中にはきれいな結晶が。 

コップに注いだ液の結晶も壁面に張り付いてキラキラ。 

「宝石みたい。」としばらく二人で見入っていました。 

今回は失敗でしたが「寒くないのになぜ氷になるの?」と疑問に思ったり。 

失敗の原因を考えたり。失敗するのも実験の一工程です。 

普段できない体験をできて良い時間を過ごせました。 

 

親子で実験タイム。

あれ?どうして!?
と一緒に考えやってみるのが楽しく、親子で同じ疑問を共有できるとても良い経験となることでしょう。 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク