親子の時間研究所

お子さんの晴れ舞台!ママの卒園式・卒業式の服装マナーチェック

この記事は約1分で読めます。

卒園式や卒業式の時の服装は悩むものですよね。
色や形など、ふさわしい服装はどんなものなのかなどポイントでご紹介します。

卒園式・卒業式の服装マナーで気をつけたいポイント

卒園式・卒業式は、人生においての別れの式なので礼儀正しく、厳かな雰囲気の服装を心がけるのが◎
ド派手の服装や色が派手なものなどはタブーです。

シックな配色を選びましょう!

スーツを選ぶポイント

□黒・紺色・グレーなどの色合いを選ぶのが良いでしょう。

ママはスカートの場合もありますよね!膝より上の短い丈は避け、膝にかかるくらいや普通丈や膝下のセミロング丈などにしましょう。上品に見えるをキーワードに選ぶのが良いでしょう。


スポンサーリンク

スーツのおすすめ

シックな色合いのスーツは1セット購入しておくだけで、色々な場面で使いまわせますよ。
ジャケットなど一つ一つを変えることでまた違った印象にもなるので小物などで入学式などにも使えます。
また、ワンピースにジャケットを羽織ることで礼儀正しくなります。

着物を選ぶポイント

訪問着、付け下げ、色無地、小紋の中で選びましょう。
大き目の柄は避け、控えめで落ち着いた淡い色を選んでください。
着物は、準備も大変です。当日は子どもがメインなのでママだけがきれいにならないように時間を作っていきましょう。

アクセサリーを選ぶポイント

ネックレス・イヤリング・ピアスOKです。しかし、小ぶりのものをおすすめします。

卒園式・卒業式ではコサージュを付けないといけないマナーはありません。別れの式を念頭に考えて、それに見合ったものを付けてもいいでしょう。

よく見かける靴やストッキングのタブー

□靴
つま先が出る物やピンヒール・バックストラップの物は避けてください。
つま先のあるパンプスを選ぶようにしょう。

□ストッキング
ストッキングは肌色に近い、ベージュを選びます。時々ストッキングを黒にして引き締め効果を出しているママがいますが、黒はお葬式などをイメージしがちなのでやめておきましょう。

我が園には独自の卒園式ルールがあった。

一般マナーはもちろんの事、我が家の園では着物はNGとされているようです。
知らずに着ていってしまったら、恥ずかしい思い出に変わってしまいますよね。
皆さんの園での特別なルールがないか確認してみてください。

最後に

卒園式・卒業式は子どもが主役の場です。
ママが気合入れてしまわないように厳かな雰囲気と上品さを心がけると良さそうです。
ステキな、お祝いになるように洋服選びを楽しんでください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク