親子の時間研究所

文字の読み書き☆文字ブームにのりたい

この記事は約1分で読めます。

未就学児の文字の読み書きについて

現在、我が家には年中さんになる娘います。年中さんになってから、たまにお手紙を交換するようになりました。お兄ちゃんやお姉ちゃんがいる子は文字を覚えるのがはやいようで、幼稚園で文字を書いて披露するなど、ちょっとした文字ブームを牽引しているようです。興味を持った時が学び時♪未就学児ですが文字を読んだり書いたりする練習をしています。現時点ではひらがなとアルファベットを読み書きできるようになりました。今回はおうちで取り組んだ読み書きの練習についてご紹介したいと思います。

読みの導入は定番のお風呂ポスター☆

無料のプリントサイトの『ぷりんときっず』からダウンロードした学習ポスターをラミネートし、お風呂で読む練習をしました。これでひらがなは全て読めるようになりました。ひらがなのほかアルファベットなどたくさんの学習ポスターがあり助かっています。※写真は濁音・拗音のあいうえお表です。

参照 ぷりんときっず


スポンサーリンク

書きは何度でも書けて楽しめる物を♪

実際に書く練習にはPILOTの『何度でもできる!れんしゅうシート』の『ひらがな・カタカナ』と『アルファベット』を使いました。水をいれたペンで繰り返し書く練習ができる優れものの知育玩具です。書いたものを消しゴムで消す作業は実は大変。赤ペンを入れたりすると子どものやる気がそがれる可能性もあります。そんなわけで、『れんしゅうシート』は大ヒットでした。一人で好きなように練習し、ひらがなとアルファベットは書けるようになりました♡※細かい読み書きのルールの理解(濁音・拗音を含む)はまだまだ難しく、「おたんじょおびおめでとう」などと書いたりしています。細かいところはゆっくり学んでいって欲しいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク