親子の時間研究所

とっても楽しい おうちで砂遊び「キネティックサンド」

この記事は約1分で読めます。

最近の公園には砂場が無いことが多い

砂場

昔は公園には必ずといっていいほどあった砂場。

今は衛生面での問題もあるのか、昔ほど見かけなくなった気がします。

今住んでいる地域の公園には、どの公園も砂場がありません。

もし砂場があっても、猫のトイレになっていないか少し気になるので、あまり遊ばせたくない気持ちもあったりしますね。

そこでおすすめなのが、室内で遊べる砂です。

キネティックサンド

少し前にブームになったような気もしますが、知らない人もいると思うので、今回ご紹介します。

キネティックサンドは室内用の砂です。水がなくても固まるので、どこでも気軽に遊ぶことが出来ます。

近場の公園に砂場が無く、普段砂で遊んだことがなかったので、子どもたちは大喜びで遊びます。

型で砂を形作ったり、穴を掘ったり手を埋めたり・・・しまいには足で踏んで足型とったりして遊んでいました。

力を入れると結構硬めにまとまるのですが、崩すときは簡単に崩れるので、大人が作ったものを片っ端から壊していくのも楽しいようです。

昔ながらの泥団子ならぬ砂団子を作っておみせやさんごっこをしたり、自分たちで考えて遊べるのも魅力的ですね。


スポンサーリンク

やはり砂なので、少しは散らかるのを覚悟で

キネティックサンドテーブルといって砂専用のケースに入っていて、その中で遊ぶので室内でも遊べますという風になっているのだと思いますが、我が家では100%床に砂がこぼれています。

そして、床の上で砂遊びを始めます・・・なので、砂遊びをする際には気休め程度ですが、シートを敷くことをおすすめします。

小さい子は、気をつけていないとすぐにシートの外に砂がついたまま逃亡することもあるので、少しでも砂が散らかるのが嫌なご家庭では、お庭などでキネティックサンドの使用をおすすめします。

それと、夢中になっていると砂が服につくこともあります。我が家のように気にしない子は、座ったまま砂を踏んでいることも・・・。

普通の服だと払えば簡単に落ちるのですが、冬用タイツだと砂が落ちにくいので(経験済)子どもたちは自分で脱いで遊んでいますね。

後片付けは少し大変な時もありますが、子どもたちが夢中で遊べるのでキネティックサンドはおすすめです。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク