親子の時間研究所

お兄ちゃん・お姉ちゃんにおすすめの絵本~ちょっとだけ~

この記事は約1分で読めます。

【ちょっとだけ】
瀧村有子/作
鈴木永子/絵
福音館書店/出版

お姉ちゃんの頑張りに涙する絵本

これからお兄ちゃん・お姉ちゃんになるお子様がいる親子、
そして今赤ちゃん返りで悩んでいる親子にオススメしたい絵本

「ちょっとだけ」のご紹介です!

私は、幼稚園教諭だった母親が私の長男に買ってくれたことでこの本に出逢えました。

母が働いていた当時、幼稚園にあった本だそうですが、
私が長女を妊娠した時、この本のことを思い出し、いろいろな本屋さんを回って見つけてくれたそうです。

もうすぐ生まれるという頃でした。
産後入院中、長男と離れる不安、そしてお兄ちゃんになる長男がこれから我慢することも増えるのかな
そんな気持ちの中で少し不安定だったこともあり、初めて読んだときは涙を流して泣いてしまいました。

 

内容を知っている母親も、なぜか息子に読んであげながら号泣していました(笑)
私の気持ちにそれだけ寄り添ってくれていた、ということでしょうか。

ちょっとだけ

「ちょっとだけ」は、瀧村有子さん作の絵本です。
お姉ちゃんになったばかりのなっちゃんが、これまで当たり前だったママとの時間を
赤ちゃんが来たことで持てなくなった様子が描かれています。

なっちゃんは、お母さんに甘えたい気持ちを抑え、ちょっとだけ色々なことに挑戦していきます。
ママのようにできなくても、一つ一つクリアして、少しずつ成長していきます。

ちょっとだけ頑張ってみるけれど、最後にはやはりママに甘えたくなってしまいます。
お母さんは、そんななっちゃんを抱きしめてくれるのでした。

この本に出てくるなっちゃんの健気な様子に、とてもぐっとくるものがあります。
なっちゃんなりにお母さんの大変さを必死に理解し、お姉ちゃんになるため一生懸命に頑張っています。
それでも時には甘えたい、子どもの素直な気持ちが描かれている絵本です。

表紙に描かれた鈴木永子さんのなっちゃんが赤ちゃんを抱っこしている絵の表情がとてもやさしく、
なっちゃんがとても愛おしく感じます。

 


スポンサーリンク

上の子をいっぱい抱きしめて

 

お兄ちゃん・お姉ちゃんになったばかりのお子様は、きっとなっちゃんのように頑張っていると思います。
でも、必ず頑張れなくなる時があります。

抱きしめても抱きしめても足りない!そんなくらい上のお子様を抱きしめてあげてください。

赤ちゃん返りで悩んでいるお母様、「ちょっとだけ」をお子様とぜひ一緒に読んでみてください。
ちょっとだけ、何かが変わるかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク