親子の時間研究所

1歳前後の赤ちゃんにはこれ!人気のおすすめおもちゃ

この記事は約2分で読めます。

赤ちゃんと一緒に遊んであげましょう

赤ちゃんの発育の時期は人それぞれですが、だいたい生後10ヶ月前後で赤ちゃんは自分で立ち、つかまりながら伝い歩きを始めます。

この頃から動きが激しくなるので、だんだん目が離せなくなってくる時期ですね。
ここから1歳頃に向かって、一人で歩くステップが始まっていきます。

赤ちゃんが歩き始めて、自分の意思で色々なことができるようになったら、自分の意思で何かしてみたくなり、一人で遊ぶこともできるようになります。
赤ちゃんの意思に合わせて遊べるおもちゃを選んであげましょう。
お家でおもちゃで遊ぶ時間と、一緒に公園などにお散歩に行って、人とかかわって遊ぶ経験もどちらも必要な時期です。

赤ちゃんは日々の様々な面白い発見や驚きによって、視野が広がり、驚きの吸収力で頭脳もどんどん発達し、足腰も鍛えられていきます。
パパやママは、できるだけ一緒に遊んであげて、赤ちゃんの興味や可能性を引き出してあげましょう。

1歳前後の赤ちゃんにおすすめのおもちゃをご紹介

1歳前後の赤ちゃんにおすすめのおもちゃはどのようなものがあるでしょうか。
人気のおもちゃをご紹介します。


スポンサーリンク

1.ディスクキューブ ユシラ社

Jussila/ユシラ社のディスクキューブ

大きさがそろぞれ違う直径4~8cmの5つのディスクが入っている木の玩具。
それぞれのディスクには1〜5つの穴が開いています。本体はディスクの大きさにあわせてすり鉢状になってい、
ディスクを中に入れた時、それぞれの大きさによって止まる位置が決まっています。
四角い箱に収まるように、大きさを考えながら入れたり、積み木のように大きさを比べたりして
楽しみながら手や目を使って考える力を養います。

2.布えほん マーブルくんのいちにち miki HOUSE

miki HOUSE(ミキハウス)/布えほん マーブルくんのいちにち

マーブルくん人形を、朝の起床から、着替え、朝ごはん、いってきます、手洗い、歯磨き、ベッドに寝かせて、お風呂に入れて、1日の生活場面がページになっている布えほん。
マーブルくん人形は取り外しが出来るので、人形劇のようにしてお話をつくれます。

付属の着替え用パジャマやTシャツにお着替えしたり、最後には、マーブルくんがお父さんの胸に抱っこされるようになっていて、遊び心のある心温まるおもちゃです。

3.ジルケ ミニうさぎ ケーセン社

ケーセン社/ジルケ ミニうさぎ

1歳頃になり、お世話したい心が芽生えた赤ちゃんにおすすめのぬいぐるみ。
このぬいぐるみの中にはポリエステル綿が柔らかく詰められており、抱っこしたときに体にフィットするようにできています。
楽しい時にはミニうさぎも楽しい顔に、悲しい時にはミニうさぎも悲しい顔をしているように見えてくるシンプルな表情。
手洗いできるのも嬉しいポイントです。

 

いかがでしたか?
おすすめのおもちゃ達。
大人にはもっていない幅広い視点で赤ちゃんはいろんなことに興味を示してくれます。
お気に入りのおもちゃを見つけて、ぜひお子様といっしょに楽しんでみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク