親子の時間研究所

赤ちゃんと子どもの歯磨き

赤ちゃんの歯磨きはいつから

乳歯

生後半年もすると、赤ちゃんにも歯が生えてくる頃ですよね。

すると、歯磨きはいつから始めればいいの?
そんな疑問が頭をよぎります。

また、歯ブラシを使うのか、はたまたどんな道具があるのかなど。
ママは悩んでしまうことでしょう。

一般的に、生後6か月頃を過ぎ、下の歯が生えてくるころから歯磨きを始めるようです。

簡単にできる、初めての歯磨きと、おすすめのグッツを紹介します。

 

赤ちゃんの頃におススメな歯磨き

寝転ぶ赤ちゃん

最初は、赤ちゃんの口内や歯茎を傷めないように、ガーゼ磨きがオススメです。

方法は簡単です。
食後や就寝前に、市販のガーゼを使い行います。

ぬるま湯等に浸し、優しく拭いてあげてください。
磨くというより、優しく触る感じがよいでしょう。

他にも歯磨きシートのような商品も出ていますので、ママがやりやすいものを選んでみましょう。

 


スポンサーリンク

小さい子どもにオススメの歯磨き粉

少し歯がしっかり生えてきたら、磨いた後にゆすがないジェルタイプの歯磨き粉もおすすめです。

生え始めの乳歯から、うがいができるようになるまで使用でき、とても便利です。

水磨きだけでも良いみたいですが、フッ素が入っていてゆすがなくて良い歯磨き粉は、虫歯を防ぐ効果が期待できるので、安心感もあります。

仕上げ磨きをする際に使用するのも良いでしょう。

スプレータイプのフッ素も売っているので、虫歯予防を徹底したい方は使ってみてください。

 

うがいが出来るようになったら

歯ブラシ

コップでうがいができ、歯磨き粉をごっくんしないようになったら、泡立つタイプの歯磨き粉に切り替えても良いでしょう。

味や香り付き、泡立ちなどに子どもは興味を持ちます。
結果として歯磨きが好きになってくれたら一番ですので、一人磨きができるように工夫してみてください。

ジェルタイプの歯磨き粉はとても便利で優秀なのですが、研磨剤が入っていないので、お茶を良く飲む子は茶色く着色が残ることがあります。

キッズ用の歯磨き粉には研磨剤が入っている事が多いので、毎日磨いているうちにいつの間にか着色汚れが落ち、白くて綺麗な歯を保てるでしょう。

 

歯磨きで虫歯ゼロへ

歯磨き

我が家は、4歳の頃までは朝晩はフッ素ジェルを付けて磨き、昼は水磨き、3歳まではおやつの後も歯みがきまたはうがいかお茶、を徹底していました。

保育園に入ってからは昼はうがいだけになっていたのですが、朝と夜の仕上げ磨きを丁寧にしてあげたからか、現在虫歯ゼロのままです。

2歳の下の子は朝晩のジェル磨きのみで、まだ虫歯にはなっていないとのことです。

虫歯になるかならないかは、その子の歯の質にもよるそうなので一概には言えませんが、フッ素を上手に使って虫歯を予防してあげられるといいですね。

 

小さいころから歯磨き習慣が身に付くように、ママも楽しみながら、工夫してみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク