親子の時間研究所

繁忙期に子どもの誕生日!お祝いメニューに変わり種手巻き寿司がオススメ。

この記事は約2分で読めます。

お誕生日には子どもの好きなメニューで毎年盛大にお祝いしたいものですね。
週末に誕生日が当たればゆっくり準備もできますが、平日の仕事が忙しい時期に当たってしまうこともしばしばです。
繁忙期だったりすると、誕生日直前に買い出しへ行ったり、準備に時間を掛けられない年もあると思います。
なんとか仕事を定時で切り上げて、そこからお誕生日を盛大にお祝いしたい、大事な我が子の喜ぶ顔が誕生日当日に見たいという方へ、お助けメニューの変わり種手巻き寿司をご紹介します。

あらかじめ週末に買っておくもの

手巻き寿司といえば新鮮なお刺身が定番ですが、子どもが小さいうちは意外な具材の方が人気があったりします。
我が家で人気の具材には、こんなものがありますよ。直前に仕入れなくても、時間に余裕のある週末にあらかじめ買っておけるものばかりです。

(オススメ具材)
・魚肉ソーセージ
・ウインナー
・ハム
・カニカマ
・スライスチーズ
・ツナマヨ
・焼肉
・卵焼き
・ひきわり納豆
・きゅうり
・アボガド
・トマト

焼肉は、冷凍食品でも十分に美味しいです。卵焼きなんて、チルドで売られている寿司用の厚焼玉子の方が、手作りよりもむしろ美味しかったりします。
焼く手間を省いて、フライパンいらずで用意できる食材を揃えておくと、当日は楽に準備できますよ。

当日朝は炊飯器の予約スイッチを入れるだけ

出勤前のドタバタと忙しい朝ですが、炊飯器の予約スイッチを入れることだけは忘れないよう注意します。
普段炊飯する時よりも、水加減は少なめに。炊き上がったお米へ、合わせ酢を混ぜるとグッと味が引き締まって本格的になりますね。


スポンサーリンク
2019-09-05_ad_05_sp

帰宅してからの準備では、子どもにお手伝いをお願いして

家へ着く頃にお米が炊けていれば、あとは次々と具材を用意するだけです。
あまり余裕のない時間帯ではありますが、ぜひ子どもにお手伝いをお願いしてみましょう。
「一歳分大きくなったから手伝って」、「さすが◯歳になると違うね。立派だわ」と盛り上げていくと、今まで以上に頑張ってくれるはず。

ハサミを安全に使える年頃であれば、海苔のカットを子どもに手伝ってもらうのがオススメです。
全型海苔とハサミを渡して、「6等分するにはどう切る?」、「次は4等分にしてみよう」とか正方形や長方形の図形の説明をしてみると、楽しく算数のお勉強につながっていきます。

他にも、すし飯を作る時、うちわでバタバタ扇ぐお手伝いをお願いするもの良いですね。たくさん扇いで腕が疲れたら、その分さらにお祝いメニューが美味しく感じられるかも。

誕生日というだけで、子どもは1日特別な気分でいるはず。
どんなに忙しくても、準備に掛ける時間を短くして、簡単なお手伝いをどんどんお願いして、楽しい誕生日の思い出を作りましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク