親子の時間研究所

我が子が自分らしく生きるために大切なこと 〜 上野里江の『こころのママ』(その21)

この記事は約1分で読めます。

早いもので2020年も残り少なくなりましたね!
今年は、今までの当たり前が当たり前でなくなり
子どもの育つ環境も大きく変化していることを感じています。

常にマスクをすることやオンラインやバーチャルで学ぶスタイルなど
ちょっと前には想像もしていなかった現実が今!

ですよね。

我が子が大人になる頃の世の中は、いったいどうなっているのだろう?

どんな世の中になっても、自分らしく楽しんで生きて欲しいなぁ~
そんなことを思う今日この頃です。

この「自分らしく生きる力」
どんな力か?というとね。

「自分で選ぶ、自分で決める、そして楽しむ」
ってことだと思うのです!

この「自分らしさ」は、小さい頃から周りの大人に
認めてもらったり尊重してもらったりすることで
育まれていくもの

でもね、子育ての中では良かれと思って悪気なく、
我が子の「自分らしさ」を否定していることがあるのです。

例えば
「もっとこうすれば?」とか
「~しないからだよ!」とか

ママはアドバイスをすることがあると思うけど
この「アドバイス」は子どもにとって「ママにダメ出しされた…」と感じてしまうことがあり

自分への自信をなくしたり、ママへの信頼をなくしたりして
自分らしさが出せなくなってしまうこともあるのです。
ママの愛あるアドバイスが届かない!って、ショックですよね…

じゃぁ、どうしたらいいのか?

子どもはまだ子どもなので
ママの思うような正しい選択は出来ないかもしれないけど

子どもの言うこと、やることを信頼して任せてみる(危険なこと以外ね)
「どっちにする?」と、子どもに決めてもらう
良い・悪い、ではなく、「そう思ったんだね」と子どもの気持ちを受け止める

小さくても一人の人間として尊重する!というのが大切だと思います。

これからもきっと世の中は変化し続けると思うけど
その中で、我が子が自分らしく人生を楽しんでいかれるように…

より良くしようとアドバイスをするのではなく
ママの愛で我が子をまるごと受け止めて
親子で笑い合う時間を過ごしていきましょう。

あなたにとって、新しい年が笑顔溢れる毎日になりますよ~に!

上野里江の『こころのママ』
(その1)子どものマスク、どうしてる?
(その2)桜はまた咲く~今を大切に味合いつくそう!
(その3)子どもの育ちにつながる!おうち時間の過ごし方のヒント
(その4)毎日の献立メニュー、どうしてる?
(その5)子どもに『ごめんなさい』を言わせるより大切なこと
(その6)ママのいい気分♪深呼吸を取り入れてみよう~
(その7)「子どもと一緒に」は期間限定!たくさん手をつなごう
(その8)子どもに「新しい生活様式」を身につけるために大切なこと
(その9)「うちの子は、言わないとやらないのよ!」と心配しているママへ
(その10)子どもの心は「笑い」でコロッと変わるんです!
(その11)子どもには、ママに言われて「うれしいことば」があるんです!
(その12)ママの愛情が伝わる!毎日できる簡単なこと
(その13)ママの「疲れた~」は、がんばった証拠です!
(その14)あなたはどんなことばをかけますか?
(その15)親子が似るのは、顔や体形だけじゃないんです!
(その16)「自分でやりなさい!」は、自立を促しているようで、実は…
(その17)ママは女優になろう!~子どもはママの表情を読み取っていますよ~
(その18)食欲の秋!お腹を満たすと心も満たされる 
(その19)子育ての心配は尽きないけれど…信じる気持ちで毎日元気
(その20)日々の会話が子どもの自己肯定感を育てるんです!
(その21)我が子が自分らしく生きるために大切なこと

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク