親子の時間研究所

桜はまた咲く~今を大切に味合いつくそう! 〜 上野里江の『こころのママ』(その2)

この記事は約1分で読めます。

すっかり春らしくなってきましたが、コロナウイルス感染予防のために外出自粛が続く今

 

今年は満開の桜を見ながらお花見することが出来ず、風に散る桜の花びらを眺めながら足早に歩く…

そんな日々にモヤモヤした気持ちを抱えていた私。

 

でもね

 

桜はまた来年も咲く

今一番大事なのは、健康で過ごすこと

 

気持ちを切り替えて、昔の写真を眺めてみました。

子どもが小さい頃は家族そろってお花見に行くのが当たり前で、みんなで自転車に乗って出かけたなぁ~。

写真の中の桜の前で笑う息子と娘が小さくてかわいい!

あの頃は、「きれいだね~」と私が言うと、「ホントきれい!」と息子も娘も笑顔だったなぁ~。

 

同じものをみて共感することで、感性は豊かに育っていく

 

今高校生になった我が子は、あの頃見た桜を覚えていないと思うけど、きっと家族で過ごした時間の

ぬくもりは覚えている!と信じている私。

そして何よりも、私にとってはかけがえのない思い出の時間になっている…

 

あれから10年。

成長と共に息子と娘は「お花見?今忙しいから」と、つれない返事。桜の前で写真を撮ることも減ってきて、子どもの成長は嬉しいけどちょっと寂しい…と思っていたら、夫と2人で散歩しながら撮った写真がありました!家族のかたちは変化しても、一緒に桜を見て笑い合える相手がいるって幸せだなぁ~

と、また来年の桜が楽しみになりました。

 

子どもは日々成長しているので、1年後には別人になっています。

今、この時も成長しています。

 

出来ないことに目を向けると気持ちが落ち込んでしまうけど、こんな時だからこそ出来ることもある!

高校生になるはずの娘(まだ入学式が出来ていない!)は、早く新しい友だちを作りたかったのに!と

落ち込んでいたけれど…この1か月を使って肉体改造をしよう!と決意。

1か月後にスリムになって笑っていることを想像してはワクワクしています。

 

どんな気持ちで毎日を過ごすか?は、自分で選べるから…

今しかないこの親子の時間を、笑顔で大切に味合いつくそう!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク