親子の時間研究所

子どもの朝食からオヤツまで~ホームベーカリー活用!

食の安全性を考える。

 

スーパーで売られているようなお値打ちな食パン。フワフワでおいしいケド・・・どういう原料でどこの産地のものが使用され、どこの工場で製造されているか、いちいち全部を調べるのはなかなか手間のかかる作業です。

しかし、小さな体の子どもは、食べ物には気を付けたほうがいいとわたしは考えています。

口にするもの、全部を調べて確認することは難しいのですが「そんなの無理」とあきらめることはせずに、出来る範囲で1人ずつが食の安全について考えてくれたら、社会全体の意識も変わっていくのではないかなと感じます。

 

 

ずっと心に残るような手作りオヤツを。

 

わたしが子どもだったころ、母はよく自宅でパンを焼いてくれました。

当時はうちにはホームベーカリーがなかったので、

せっせと手でこねて、発酵させて、

手間と時間をかけて母が作ってくれていました。

レーズンとバターがたっぷり入ったロールパン。表面はハケで卵を塗り焼くのでピカピカつるつる。カリッとしていて中はフワッフワでとっても美味しいパンでした。

オーブンでパンを焼くと家じゅうに美味しいパンの美味しい香りが広がって、焼けるまでの時間もとてもワクワクして待っていたのを覚えています。

先日、小学校の同窓会で30年ぶりくらいに会った友達からも「家に遊びにいくとおばさん(わたしの母)がよくパンを焼いてくれて、あのときのパンがものすごく美味しかったのを今も覚えてる!」と話しくれました。

何十年経っても、子どもたちの記憶に残るような美味しいパンを作って食べさせてくれた母はすごいと思います。

そしてわたしも、昔、母がしてくれたように、子ども達に美味しいものを手作りで食べさせてあげたいと思っています。

 


スポンサーリンク

ホームベーカリー1台で美味しい朝食からオヤツまで!

 

パナソニック

 

手で生地をこねてのパン作りは重労働なのですが、

ホームベーカリーが1台あれば、とても簡単に美味しいパンが出来上がります。

メーカーや機種にもよりますが、1万円以下で購入可能な製品もいくつもあります。

我が家のホームベーカリーは2台目。今はパナソニックの製品を使用しています。

コンパクトで音も静かで気に入っています。

 

材料を計って入れるだけでOK!

 

材料

 

ホームベーカリーは使い方もとても簡単です。

どのメーカーの機種も基本的に、材料を計って入れて、スイッチを入れるだけでパンが焼けます。

夜のうちにセットして、朝起きる時間に焼きあがるようにタイマーセットしておけば、朝食で焼きたてのパンを食べることもできます。

 

子どものオヤツにもピッタリ!

 

パン

 

子どものお友達が大勢遊びに来る日も、ホームベーカリーが活躍します。

ホームベーカリーで焼いたパンを一口サイズにカットして、

上にホイップクリームを乗せればオヤツの出来上がり!

バナナやイチゴなど添えてもおいしいです。

添加物などの多いスナック菓子類よりも体にもよく、子どもたちも喜んで食べてくれるのでおススメです。

興味を持たれた方、ぜひホームベーカリーで美味しい朝食やオヤツ作りに挑戦してみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク